1. TOP
  2. ダイエット
  3. 【ダイエット】体の冷えがダイエットの妨げに!冷えの原因と対策

【ダイエット】体の冷えがダイエットの妨げに!冷えの原因と対策

【ダイエット】体の冷えがダイエットの妨げに!冷えの原因と対策

なかなかダイエットがうまくいかなかったり、下半身にだけ余計なお肉がついてしまうのは、もしかしたら体の冷えが影響しているかもしれません。

そして体の冷えは冬だけではなく実は夏にもたくさんの女性を悩ませているのです。

今回はそんな冷えがダイエットにもたらす影響や、冷えのダイエット対策についてまとめてみました。

冷えがダイエットにもたらす影響や、冷えのダイエット対策

 

体の冷えがダイエットにもたらす影響とは?

体が冷えてしまうと体温が下がってしまい、同時に基礎代謝も下ってしまいます。

基礎代謝が下がると消費カロリーも少なくなり、同じ食事量や運動量でも太ってしまったり、ダイエットが思うように成功しなくなってしまいます。

さらに、体の冷えは血行不良にも影響し、むくみを引き起こして下半身やお腹周りに脂肪がつきやすくなりボディラインがどんどん崩れていってしまいます。

体が冷えると内蔵も冷え、内蔵の機能は低下し、消化不良や便秘を引き起こし腸内環境が悪化して、より体は痩せづらく太りやすくなってしまい、ポッコリおなかも目立ってしまうのです。

だからこそ、冷えが気になっている方は、早めに改善することでダイエットも効果的に進めていくことができますよ!

体の冷えがダイエットにもたらす影響とは?

 

体が冷える原因とは?

体の冷えは、冬に限ったものではありません。

夏場でも、過ごし方によっては体が冷えてしまいます。

例えば、夏場は室内でエアコンの風にずっと当たっていることからかえって体が冷えやすくなります。

さらに体を冷やそうとして冷たい飲み物や食べ物を食べていると、体の中から冷えが起こってしまうのです。

他にも運動不足による血行不良、ストレスやホルモンバランスの乱れによる自律神経の乱れも体を冷やす原因となっています。

 

体を冷やさないようにするためのポイント

point1.お風呂に入る習慣をつける

毎日の入浴をさっとシャワーで済ませてしまっている方は、湯船につかる習慣を身につけましょう。
お風呂にじっくり入ることで体の芯まで温まり、冷えを改善していくことができます。

ダイエット効果を促進するのであれば、高温反復法がおすすめです。

  1. お湯の温度は少し熱めの42~43度に設定し、まずかかり湯をしたら5分湯船に入ります。
  2. 1度湯船から出て、髪や体を洗い5分ほど休憩したら再び湯船に2~3分入浴します。
  3. そしてまた湯船から出て5分休憩、そしてまた2~3分入浴し、最後にシャワーを浴びて終了です。

短時間で300~400kcalほどのカロリーを消費でき、体もじっくり温めることができますよ。

体を冷やさないようにするためのポイント 風呂

point2.食生活の改善

冷たい食べ物や飲み物ばかり食べている方は、体を冷やしやすいです。

また、砂糖をたくさん摂取することも血行を悪くして、冷えを悪化させてしまうのでジュースばかり飲んでいる方はお茶や水を積極的に飲むようにしましょう。

油っぽい食べ物や肉中心の食事、コンビニや外食ばかりが続くことも、血液を泥度をにしたり、便秘を招いて基礎代謝を低下させ、体を冷やしてしまいます。毎日3食バランスの取れた食事をとっていくことも冷え改善には大切です。

そして体を温めるためには、漢方にも使われているショウガを積極的に摂取していくことがおすすめです。

ショウガを使用するときは生ではなく、炒め物などや煮物などに加えて熱をくわえることで、さらに効果を高めることができます。

しかし、同様に体を温める効果があると言われている唐辛子は、確かに一時的に体を熱くさせてくれるものの、発汗作用も高く汗をかいてまた体を冷やしてしまうこともあるので,あまりおすすめはできません。

体を冷やさないようにするためのポイント 生姜

point3.運動を取り入れる

軽い運動を行うことで体の血行を促進し、むくみや冷えを解消していくことができます。

また筋力がつくと熱を作りやすくなり、代謝も上がってダイエット効果も得やすくなります。

女性の場合は骨盤の歪みにより血行不良を起こし、冷えにつながっている場合もあるのでエクササイズやストレッチを取り入れて姿勢を正していくことも効果的です。

 

冷え解消のためのエクササイズ

下半身の冷え取りエクササイズ
  1. 足をそろえて座り、腰に手を添えます。
  2. お尻の筋肉と腹筋を使って右腰を上へ持ち上げます。
  3. 反対側も同じように行い、交互10回ずつ行うだけでOKです。

 

ふくらはぎの筋トレ

第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎを鍛えることで、血行を促進させていくことができます。

つま先立ちの状態から、かかとをつけないように上下に上げたり下げたりするだけです。

つらいと感じる方は、椅子に座った状態から行ってみましょう。

足首を回す

血管が細く冷えやすい足先は、気が付いたらこまめにエクササイズを取り入れましょう。

足首を中心に外回し、内回しを繰り返したり、指先を閉じたり開いたりするだけでも効果的です。

冷えを防いでダイエットをより効果的に!

体の冷えを防ぎ、ダイエットを効率的に進める方法について紹介しました。

どんなに食事制限してもなかなか痩せないという人は、一度体の冷えについて対策を行ってみてください。

意外とすぐに、ダイエット効果を得られるようになるかもしれませんよ。