デリケートゾーンの美白におすすめな5つの方法

デリケートゾーンの美白におすすめな5つの方法 デリケートゾーン

デリケートゾーンの黒ずみやくすみは、放っておくとますます悪化してしまうことがあります。ですので、気づいたときにできるだけ早く対策を始めることが大切です。

とはいっても、デリケートゾーンの美白ってどんなことをすればいいのか、方法が分からないという人も多いでしょう。

そこで、今回は、デリケートゾーンの美白として今すぐ始めたい5つの方法を紹介します。

1.摩擦を極力避ける

デリケートゾーンの肌はとても敏感です。少しの摩擦もダメージにつながり、メラニンの発生につながってしまいます。

そのため、デリケートゾーンには物理的な摩擦を避けることが重要です。下着選びの際には、あまり締め付けのないものを選び、サイズの合ったものを選びましょう。

生理用ナプキンによる摩擦も見逃しがちです。生理中はこまめにナプキンを変えるようにして、お肌への刺激を最小限にするよう、心がけましょう。

汗をかきやすい季節、普段使いにも布ライナーがおススメです♡ デリケートゾーンの汗を吸収してくれます♪ ちょっと蒸れてきたな、と思っても気軽に取り替えられてすぐ快適に♡ . #心地よい暮らし #心地よい #ナチュラルな暮らし #生理 #温活 #妊活 #冷え性 #冷え性改善 #生理痛 #オーガニック #ふわふわ #うきうき #わくわく #ワクワク #自然派 #ハッピー #happy #生理不順 #不妊治療 #ベビ待ち #布ナプキン #布ライナー #オーガニックコットン #ネットショップ #感じる #ハッピー #大人可愛い #上品 #豊かな暮らし #キラキラ

Floreさん(@flore.nap)がシェアした投稿 –

 

2.デリケートゾーンは正しく洗う

デリケートゾーンの汚れを落とそうと、ごしごし洗っていはいませんか?

実はそのごしごし洗いこそが、ダメージの原因になっているのです。

デリケートゾーンは構造上確かに汚れや汗が溜まりやすく、きちんと洗わなくてはいけません。かといって強くこすってしまっては、お肌へのダメージになってしまいます。

デリケートゾーンを洗う時には、たっぷりの泡で優しく丁寧に洗うのが正しい洗い方です。

できるだけデリケートゾーンに負担をかけずに汚れを洗い流しましょう。

3.しっかり保湿

肌の乾燥も、メラニンの発生の原因になります。

デリケートゾーンはもともと角質層がとても薄く、乾燥しやすいのです。そのためムダ毛処理などを行った後は、特にていねいにアフターケアをしましょう。

専用の保湿剤を使用してケアするのがおすすめです。

4.生活習慣を整える

ホルモンバランスの乱れにより肌のターンオーバーが正常に機能しなくなると、メラニンがどんどん蓄積していき、黒ずみが発生しやすくなります。

日々の疲れやストレス、睡眠不足などが原因により、ホルモンバランスが乱れてしまうます。ストレスを避け、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

5.専用の美白クリームや石鹸を使用する

デリケートゾーン専用のクリームや石鹸を使用することで、メラニンの発生はもちろん、蓄積されたメラニンにもアプローチすることができます。

デリケートゾーン専用の商品は肌に優しくダメージが少ないうえに、高い殺菌効果もあるものも多く、黒ずみやにおいを引き起こす雑菌の対策にもなります。

自分の目的に合わせて、商品を選んでみてください。

緑

デリケートゾーン 美白

今すぐできる!デリケートゾーンの美白ケア

デリケートゾーンの美白ケアとして、今すぐ始められる5つの方法を紹介しました。

複数の方法を並行して行うことで、気になる黒ずみやくすみも少しずつケアできるでしょう。同時に、自分にあったアイテムを活用しつつ、効率よく美白ケアを行っていきましょう。

*注;美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことを指しています

【シミトリー】シミの原因は毛穴?美白効果は本当に期待できるのか徹底検証
話題のオールインワンでシミのお悩み解決としてシミトリーが人気のようです。 シミの原因は毛穴の汚れやケアに問題があるとも・・。 美白オールインワンであるシミトリーでシミを予防したい! SNSでも話題だし、口コミでも評判がいい...
タイトルとURLをコピーしました