もううっかり忘れなし!日焼けは飲んで予防「日焼け止めサプリ」

日焼けは飲んで予防 日焼け止め

日焼け止めクリームを塗り忘れて外に出てしまったと後悔してしまうことは少なくはないでしょう。

少しだから大丈夫だと思っていても、ほんの少し日に当たってしまっていたためにしみやそばかすなどができてしまうこともあります。

日焼け止めサプリ

その対策として飲む日焼け止めを使ってみると便利です。
外出する度に日焼け止めクリームを塗るというのは大変になりがちですが、ただ飲むだけで良いとなれば簡単でしょう。
習慣にしてしまえばいつでも日焼け止め対策をした状態で生活することができます。

日焼け止めサプリは一日一回飲めばUVケアはそれででOK!

朝に飲めば夜までずっと効果が持続するようになっているので、もう何度も塗り替えす面倒とはおさらばです!
肌に悪そうな(実際悪い)日焼け止めクリームともおさらばです!

また、サプリなので薬のようにいつ飲まなければならないかという決まりがあるわけでもないのも優れている点です。

日焼け止めサプリ:日焼け対策は内側からケア

日焼け対策といえば肌を覆って守るものと考えてしまいがちですが、そういう視点で見てしまうと日焼け止めサプリに本当に意味があるのかと疑問に思ってしまうかもしれません。

BUT しかし 内側から効果的にケアができるのが日焼け止め対策ができるようになっているのがサプリの特徴です。

これはサプリに含まれている成分が太陽光に含まれている紫外線からの影響を軽減させる効果を示すからです。

日焼け止めサプリの仕組み

紫外線の影響によって発生してしまう活性酸素を除去する成分が主成分として用いられているのが日焼け止めサプリの優れている点です。

活性酸素が肌にシミなどを発生させてしまう前にサプリに含まれている成分が反応してくれるので影響を受けにくくなります。
これが身体の内側からケアをする仕組みであり、毎日必ず日焼け止めになる有用成分を身体の中に取り込むことでいつも肌を守れるようになるのです。

日焼け止めサプリは一年中活躍!アンチエイジング効果も

夏の暑い日差しに対策したり、冬にスキーで日焼けをしないように日焼け止めクリームを使用するというのが一般的ですが、それ以外のときにもいつも肌は紫外線にさらされてしまっています。
日焼け止めサプリならいつも飲んでいれば一年中日焼け止めをすることができるでしょう。

習慣になってしまえばいつものように朝にサプリを飲むだけで特に負担に感じることもありません。
夏用、冬用などと切り替える必要もなく、一年を通してずっと同じサプリを飲み続けるだけで日焼けを気にかける必要がなくなります。

むしろ継続して飲み続けることで有効成分を身体に取り入れて効果的に日焼け止めをすることができるので、一年を通して飲み続けるようにしましょう。

活性酸素が悪影響を与えてしまうのは肌だけではありません

太陽光によって活性酸素が発生すると肌が最も影響を受けやすいのは確かです。
BUT しかし 実際には身体の中では常に活性酸素が発生していて色々な臓器や組織を障害してしまっています。

日焼け止めサプリに含まれている成分は肌でだけ効果があるというわけではなく、身体のあらゆる部分で機能する性質があるので、日焼け以外にも効果を発揮するでしょう。

アンチエイジング効果も

活性酸素によって臓器や組織が障害されてしまうことで老化が進行すると言われています。
そのため、日焼け止めサプリを飲んでいるとアンチエイジング効果が期待できるでしょう。
身体全体を老化から守ってくれる魅力があるのが日焼け止めサプリなので、これ一つで美容にも健康にも対策することができます。

日焼け止めサプリは海外では当たり前

日本では日焼け止めクリームが主流で、サプリを使用して美容や健康の対策をしたりすることが広まっていない影響があってあまり日焼け止めサプリは広く利用されていません。

BUT しかし サプリや美容ケアの先進国である欧米諸国を中心として海外では当然のように使用するようになっているのが日焼け止めサプリです。

手軽に忘れずに使用できて確かな効果を実感している人が多いからこそ、高い人気を集めて利用者が増加してきています。

日本では「飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)」は最近注目されたばかり

若々しい美肌を保っていくための日焼け止めとしてサプリを使用するのが近年のスタンダードであり、日本ではようやくその動きに着目する人が増えてきた段階にあるのが実情です。

忘れずにいつでも対策できる日焼け止めの方法としてサプリの活用を積極的に検討してみましょう。
スキンケアの最前線を行く方法として、これまで日焼け止め対策に失敗してきてしまった人も、新しいアプローチで対策してみると成功できると期待できます。

飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)徹底比較

  • サプリでUVケアをしたい!
  • できるだけ安く抑えたい
  • 1年中日焼け止めケアをしたい!

などの欲求を元に、定番の商品はもちろん、サポート体制もしっかりしてる飲む日焼け止めをpickupしました。
購入後、質問メールを送っても返事がない!
そんな適当な業者は選んでいませんのでご安心ください。

インナーパラソル16200


内側から守る"夏の美容"サプリメント【インナーパラソル16200】
「ニュートロックスサン」をメーカー推奨量(250mg/日)配合!
インナーパラソル16200
1日の推奨量を摂取すると1袋で15日分や1週間分しかなかったなんてことも・・
しかし、【インナーパラソル】なら1袋でしっかり30日分!
コストパフォーマンス◎の高配合サプリメントです。
インナーパラソル16200公式サイト

日焼け対策サプリ【Dr'sホワイトセラミド】


日焼け対策サプリ【Dr'sホワイトセラミド】

『Dr'sホワイトセラミド』は医師・薬剤師監修のもと話題の新成分「ブライトニングパインR」を配合した紫外線対策のサプリメント。

季節問わず一年中紫外線はあなたの肌へ降り注いでいます。
体の外側だけではなく内側からも対策することで憧れの白さをサポートします。

Dr'sホワイトセラミド公式サイト

マスターホワイト


マスターホワイト
美白サプリ『マスターホワイト』は、
高級美容成分である「プロテオグリカン」「アスタキサンチン」をはじめ透明感を育む美容に注目の「L-シスチン」や
「ヒアロコラーゲン(ヒアルロン酸・コラーゲン)」「エラスチン」「セラミド」を贅沢に配合した<インナー美容サプリ>

インナーパラソル16200公式サイト

光老化とは

夏の暑い日には紫外線が多いことは知られていますが、実は紫外線は1年を通して常に降り注いでいて、さらには部屋の中にいたとしても、ガラスなどをすり抜けて肌に届いています。

そして、そんな紫外線は肌に様々な影響を及ぼしていますので、何も対策をしないでいると色々な形でそのダメージが現れてしまいます。

先ほどもお伝えをした通り、1年を通して降り注ぐ紫外線ですので、当然対策も1年を通して行う必要があるのですが、では対策をしないでいると、どのような影響が肌に現れてしまうのでしょうか見ていきましょう。

紫外線は1年を通して常に降り注いでいる

光老化と活性酸素

まず光老化ですが、実は肌の老化の原因となっているのは紫外線で、肌に起こる老化現象の約8割が紫外線によるものだとも言われています。

紫外線を浴びると肌の中に活性酸素と呼ばれる物質が発生するのですが、この活性酸素は体内の錆びのようなもので、人間が発症する多くの病気などにも深く関わっていることが分かっています。

そして、それは肌にも同様にダメージを与えていきますので、肌のハリや弾力などを保っているコラーゲンやエラスチンといった成分を破壊してしまいます。

紫外線でしわ・たるみができるメカニズム

紫外線でしわ・たるみができるメカニズム

これらの成分が破壊されることによって、老け顔に見えてしまう症状が次々と発生していくのですが、ではどのような症状があるのでしょうか見ていきましょう。

まず紫外線によって体内で活性酸素が発生したことによって、コラーゲンやエラスチンといった肌のハリや弾力を作り出す成分が破壊されてしまいます。

そうなれば、当然肌の張りや弾力が失われてしまいますのでしわ・たるみが増加してしまいます。

紫外線には種類があるのですが、波長の長いUV-Aが約95%を占めています。

その95%のUV-Aは肌の奥深くにある真皮層にまで到達しますので、肌のハリや弾力を作り出すコラーゲンやエラスチン、さらにはヒアルロン酸といった成分を破壊して、その結果、しわ・たるみを生み出してしまいます。
それが光老化です。

シミ・そばかす

次に紫外線によって引き起こされる老化現象ですが、それはシミ・そばかすになります。先ほど紫外線には種類があるとお伝えをしましたが、紫外線には波長の短いUV-Bという種類の紫外線があります。

このUV-Bが残りの約5%を占めているのですが、こちらは多くが肌の表面で吸収されてしまいますので、肌の奥深くの真皮層にまで届くことはあまりありません。

BUT しかし エネルギーとしては先ほどご紹介したUV-Aよりも強いエネルギーを持っている為、肌表面に浴びるだけであっても細胞を破壊して肌の老化、光老化を進行させてしまいます。

UV-Bは肌表面にダメージを与えることで、肌には③シミ・そばかすができてしまいます。

また肌は紫外線を一度でも浴びてしまうと、それを記憶して時間をかけてシミやそばかすを作っていきます。

特に顔は常に外に出ている部分になりますので、シミやそばかすができやすい部分でもありますので、やはりしっかりとした対策をする必要があります。

紫外線の種類 UV-A UV-B

紫外線は乾燥肌を作る

まだまだ紫外線が肌に及ぼす影響はあります。
それは乾燥肌です。
上記でお伝えをしたしわ・たるみや、シミ・そばかすは紫外線によって起こる事は知られていますが、実は乾燥肌も紫外線が原因で起こる可能性があります。

通常、肌は皮脂で出来たバリアによって肌の水分を閉じ込めたり、外からの刺激から肌を守ったりしているのですが、紫外線を浴びることによって、このバリアも破壊されてしまいます。

バリア機能を失った肌

するとバリア機能を失った肌は充分な水分量を維持できなくなり、どんどんと肌の水分量は低下してしまいます。
そうなると肌は乾燥が進んでしまいますので、乾燥肌になってしまうという事です。

バリア機能

すると角質が厚く肌を覆ってしまい、スキンケアを行っても肌に浸透しづらくなり肌を保湿しようにも上手くいかなくなってしまいます。

そして肌のバリア機能が失われていくと、さらに紫外線が肌の奥深くにまで届くようになってしまい、乾燥肌はもちろん、先ほどご紹介した老化現象も進行させてしまいます。

悪循環をまねく光老化

このように紫外線を浴びるだけでも様々な影響を肌に及ぼしていきますので、それが悪循環を招いてどんどんと状態を悪化させる恐れがあります。

紫外線一つで、光老化をはじめこれほど多くのトラブルを引き起こす可能性があるのですが、実はさらに深刻な症状を引き起こす恐れもありますので、お伝えしていきます。

それは皮膚がんです。
皮膚がんは紫外線を浴びることによって基底細胞の遺伝子が傷付いてしまいます。
すると傷付いた遺伝子は修復されますが、大量の紫外線を浴びた場合には遺伝子の修復が追い付かない場合があります。

すると傷が治らなかったり、免疫力が弱い場合には間違って修復してしまう場合もあります。
その間違って修復された遺伝子が皮膚がんとなって現れてしまいます。

発症数は50歳を超えると多くなりますが、実は細胞分裂の回数が多い子供も発症率が高くなりますので、皮膚がんだけではなく、それ以外のトラブルから避ける為にも、小さい頃から紫外線対策をした方が良いでしょう。

紫外線対策

紫外線が強い季節になってくると、そろそろ紫外線対策をしなくてはと思い始めるようになるはずです。

しかし紫外線は一年中浴びているようになりますので、本来ならば一年を通して毎日紫外線対策をしていかなくてはなりません。

うっかり紫外線を忘れてしまう

「面倒だから」が5割、つい忘れてしまうが2割

それを知っている人だったとしても、紫外線対策をせずに過ごしている人もいますが、なぜ対策をしないのでしょうか。

その理由の中には、以下のものがあります。

紫外線対策をしない理由

  • うっかり忘れ
  • なげやり
  • 忙しい
  • 面倒

うっかり紫外線を忘れてしまう

うっかり紫外線を忘れてしまう

うっかり忘れに関しては、毎日紫外線対策をしていない人は、癖がついていませんので、日焼け止めをぬったり、日傘をさしたりというのを忘れがちです。

化粧をした後には日焼け止めを塗ることはできませんので、そのままになってしまうでしょう。
日焼け止めをぬろうと思えば、化粧をする前に塗らなくてはなりませんので、せっかく化粧をしたというのにわざわざ落としてまで一からやり直すのは面倒と考えてしまいます。

日傘に関しては家を出かけるときに忘れていれば、さすことはできません。
忘れないようにするためには、カバンにいつも折り畳みの日傘を携帯しておくといいでしょう。

いまさら紫外線対策なんて

なげやりになってしまう理由としては、いまさら紫外線対策をしたところでさほど変わらないだろうと思い込んでいるという点があります。

人前で化粧を落とすことはないと思っていたとしても、旅行などに行けば化粧を落とさなくてはなりませんので、人前ですっぴんになることになります。
紫外線で怖いのは皮膚がんなどの怖い病気につながるという点です。

紫外線対策をしていなければ、シミなどが出来る量は対策をしている人と差が出ますので、なげやりになることなくきちんと対策をしていかなくてはなりません。

忙しくて何度も塗り替えしていられない

忙しいに関しては、肌の露出しているところすべてに日焼け止めを塗るのが面倒と思いがちです。
顔だけであればさほど時間はかかりませんが、それ以外の部分もとなれば時間がなければ塗るのは大変ではあります。

出かける前の忙しい時間に手間をかけている時間はありませんし、慌てて塗って、まだらになるようなことになってもいけません。

それならば最初から塗らなくてもいいと思う人もいますが、忙しくても5分から10分もあれば塗ることはできるはずですので、忙しいを言い訳にせずに時間調整をしてみるといいでしょう。

そんな塗り直しの煩わしさを感じている方に朗報です!
今注目の「飲む日焼け止め(日焼け止めサプリ)」です。
「飲む日焼け止め」は朝飲んでおけば一日効くので、うっかり忘れや、面倒な塗り直しから解放されます。
私自信、塗り直しはサボっているタイプでしたので、日焼け止めサプリはかなりありがたい存在です。

面倒くさくて日焼け止めをサボってしまう

面倒くさくて日焼け止めをサボってしまう

面倒に関しても、忙しいのと同じような理由があるはずです。
美容に関してあまり意識をしていない人にとってみれば、化粧をするだけでも面倒だというのに、さらに日焼け止めを塗る手間を煩わしく思いがちです。

しかし頑張って紫外線対策をしていく事によって、努力が報われ白くて美しい肌を維持していくことが出来ますので、面倒と思わないようにしましょう。

紫外線対策を怠ることによって起きるのが、「光老化」です。
肌の衰えの実情としては、高齢になってくることによって起きている自然老化は、ほんの二割程度しかありません。

その他の理由

残りの8割に関しては太陽光線の影響によって出てくると考えられています。
肌にハリがある人や、美しい人は光老化による衰えが少ないと考えられますので、どれほど紫外線対策が重要かがわかってきます。

紫外線の肌への影響を知ることによって、今の自分に対していいの?それでという気持ちが湧き出てくるはずです。
今まで通り紫外線対策を怠った生活をしていると、何年後、何十年後に後悔をすることは間違いありません。
紫外線対策をしていなければ、同窓会で久しぶりに会った友人たちを見て、自分の肌の衰えを感じることになるはずです。
あの時もっと対策をしていれば、こんな思いをしなくてもすんだのにと思わないためには、今からでも紫外線対策をしていく事です。

紫外線対策をして行くためには様々なことを言い訳にするのをやめて、対策を怠ることのないようにしていき、肌の衰えを防止していかなくてはなりません。

まさか、いまどき「日焼けが健康的」なんて思ってませんよね?

今までは、少しくらい日焼けをして色が黒くなったとしても健康的でいいと思っていたり、数カ月もすれば元の色に戻ることが出来ると思っていた人は、考えを改めるようにしなくてはならないでしょう。

例え数か月経過して白い肌を取り戻すことが出来たとしても、その中にはシミやしわなどが消えずに残っている可能性があります。

若いころにはいつの間にかきれいに戻っていた肌の色も、加齢とともに戻らなくなっていきますので、一年を通して紫外線対策をするようにし、室内にいる時にも油断をしないようにしなくてはなりません。

うっかりしがちな室内日焼け

うっかりしがちな室内日焼け

室内ではつい屋外に比べて油断をしてしまいがちですが、窓の近くにいればたくさんの紫外線を浴びることになります。
過剰に紫外線を意識しすぎると生活はしにくくなりますが、出来る限りの紫外線対策をしていく事によって、肌の状態を保つことが出来ますので、今からでは遅いとなげやりになることなく、対策をしなくてはなりません。

しげる

とも言われその黒さは突出しています。

天然キャラとしても有名で、数々の可愛らしい問題を起こし一躍人気フリーアナウンサーとなりました。

岡副さんは学生時代、水泳を本格的にやっていたようで同時に行っていたフィンスイミングでは2012年の日本大会日本選手権で優勝するほどの実力だったそうです。

そんな岡副さんですがなぜここまで黒くなったのでしょうか!?

日焼け止め対策はしているのでしょうか
その原因はいろいろあるようですが

  • 生まれつき地黒であった
  • 数学だけで日に焼けていた
  • 学生時代水泳に没頭していた
  • 日焼け止め対策は一切せず生活していた

などから季節が変わってもその黒沢落ちなくなった戻らなくなったと言われています。

そんな岡副さんにも日焼け止め対策として飲む日焼け止め日焼け止めサプリメントを紹介したいと思います。

岡副麻希プロフィール
岡副 麻希:おかぞえ まき
出身地 大阪府富田林市
生年月日 1992年7月29日
血液型 A型
最終学歴 早稲田大学文化構想学部
所属事務所 セント・フォース
活動期間 2012年 –
趣味:お散歩、ストレッチ、歴史小説を読むこと
特技:ピアノ(15年間)、水泳(フィンスイミング日本選手権1500m優勝/遠泳)、水球
資格:数学検定準2級、漢字検定準2級
出演番組・活動
現在:『めざましどようび』
フジテレビ系『痛快TV スカッとジャパン』に悪女役でも出演。
過去:『めざましテレビ アクア』、『めざましテレビ』など

強力な日焼け止めクリーム

春になって日差しが強くなってくると、買物に行ったり洗濯ものを干したりといった日常生活の中BUT でも 紫外線からお肌を守るために日焼け止めクリームが手放せない季節になってきます。

絶対に肌を焼きたくないという理由から、普段の日常生活BUT でも 海やプールなどのアウトドアでも使えるような強力な日焼け止めクリームを選んだ、という話も良く聞きます。

しかしいくら肌を焼きたくないからといって、普段から強力な日焼け止めクリームを日常的に使うことが、お肌にとって本当に正解なのかについて、検証してみました。

強力な日焼け止めクリームならそれで良いわけではない

肌負担について

結論から言うと、日焼け止めは正しく使わないと、肌に負担を与えてしまうことがあります。

白浮きやべたつき

強力な日焼け止めは、白浮きしやすかったり、べたべたしたりと、その肌への使用感に不満を持つユーザーも多いです。
これは、前述したようにウォータープルーフ効果を高めるために油分を多く使用していることが関係します。

紫外線散乱剤

日焼け止めクリームはウォータープルーフのものが多い

また、紫外線散乱剤という成分を含む日焼け止めは、効果も高い反面で使用感がべたついて不快に感じることも多いようです。

紫外線散乱剤はノンケミカルなのですが、その分汗や水に弱く、べたつきも強く出てしまうのです。
紫外線散乱剤が使われていないものを選んだり、ベビーパウダーを後からはたくことなどが有効です。

多くの日焼け止めクリームは、汗を書いても効果が薄れにくいよう、ウォータープルーフ成分が含有されています。
このウォータープルーフ成分は、油分をたっぷり含んでいます。油分を含んだ膜をお肌の上に直接載せている状態ですので、少なからず肌負担がかかってしまうのです。

ウォータープルーフ成分は強力な日焼け止めほど多く含まれている事が多く、強い日焼け止めが肌に悪いと言われるゆえんの一つです。

紫外線吸収剤が肌の刺激になる

最近は、ノンケミカルかつ紫外線吸収剤不使用の製品も多く登場してきましたが、多くの日焼け止めクリームには紫外線吸収剤という成分が含まれています。

この成分は、紫外線を吸収することで肌に直接浸透する紫外線を減らしてくれる役割を持ちます。
紫外線吸収剤が紫外線を吸収する仕組みは化学反応によるものですので、反応した際に刺激が発生する事があります。

また、化学反応を起こした物質そのものも、肌への刺激へとなり得ます。
これらの刺激が、特に敏感肌の人にダメージを与えてしまい、結果として強い日焼け止めを使った後に、肌荒れを起こしてしまうことがあるのです。

ビタミンDを阻害

ビタミンDを阻害

紫外線というのは、日焼けダメージや肌荒れなどの人体に有害なイメージが先行しがちですが、人体にとってなくてはならない存在でもあります。

人間が生きていくためには、各種ビタミンが必要ですが、中でもビタミンDの一種は日光の中に含まれる紫外線に当たることで作られるのです。

ビタミンDを生成するために必要な紫外線はUV-Bと呼ばれていますが、日焼け止めクリームはこのUV-Bの吸収をも遮断してしまいます。そのため、強力な日焼け止めクリームを塗りすぎると、ビタミンD不足に陥るリスクがあるのです。

SPF値について

SPF値について
日焼け止めを選ぶ際には、PAとSPFという二つの指標が大切になります。
SPFとは、サンプロテクションファクターの略で、紫外線の中でもシミやそばかすの原因となる、UV-Bを主に防ぐ効果についての目安数値です。

数値は時間を示している

SPFは一般的に数値が高くなるほど防止効果が高くなり、SPF50が最高値にあたります。
この数値は、人体が紫外線に当たり始めてから、日焼けを始める・炎症が起き始めるまでの時間帯を、どれだけ引き延ばせるかを示したものになります。

個体差はあるものの、一般的に人が紫外線に当たってから日焼けをし始めるまでに15分から20分かかると言われており、SPF50の日焼け止めであれば、これを50倍遅らせることができる、という意味になります。

数値が高いものは日をたくさん浴びるときに

SPFが最も高い50の日焼け止めであっても、完全に日焼けを防ぐことはできず、塗りっぱなしではなく、こまめに塗り直すことが求められてきます。

SPFが高い日焼け止めは肌への負担も高いと言われているため、日常使いにはあまり適さず、海やプールなどのレジャー時や、なかなか塗り直しができないスポーツの時などに絞って使うことが大切です。

クレンジングによる肌への負担

クレンジングによる肌への負担

日焼け止めにはウォータープルーフをかなえるために大量の油分が含まれています。
このウォータープルーフ成分を綺麗に落としきるためには、クレンジング剤も強力なものを使うことになります。
日焼け止め単体がもたらす肌負担に加えて、強力なクレンジング剤がお肌に与える負担もあり、ダブルでダメージを受けてしまうのです。
もちろんクレンジングが不十分で、肌に成分が残ってしまうと残った成分自体が刺激となり、肌荒れの原因となるので丁寧に確実にクレンジングを行うことが必須となります。

順番に検証してきましたが、シーンと自分のお肌に合わせて、適切な日焼け止めを選ぶことが何よりも大切といえるでしょう。

サンダルの跡がクッキリ

サンダルの跡がクッキリ

日焼け止めを塗るときに顔や腕、首回りは気をつけますが、足元ってついつい塗ることを忘れがちになってしまいます。
そんな私が日焼け止めを塗るのを足元を忘れた時の体験談。

その時は友達と海に行き海水浴を楽しんでいたのですが、翌日足元を見てみるとくっきりとサンダルの跡が残ってしまっていました。

全身でそこだけがやたらと赤みが強く出てしまいとても目立ってしまって恥ずかしかった思い出があります。
飲む日焼け止めがあると友人から聞き、そんな便利なものが!と驚きました。
今まで知らずに損した気分です。

(31歳 女性 会社員)

髪がバサバサ

髪がバサバサ

町内会で7月の始めに清掃活動を行うことになったので、顔と手はしっかり日焼け止めを塗って準備万端の状態になりました。

これで肌の日焼けは回避できると思っていましたが、髪の日焼けについて対策をとっていませんでした。
そのせいで炎天下の下、何時間も直射日光を髪の毛に浴びてしまい、髪がパサパサの状態になりました。

頭皮も真っ赤になって皮がむけてしまいましたし、髪の毛は枝毛になってしまって、髪の日焼け対策をしなかった体験談です。

(45歳 女性 主婦)

クレンジング忘れ

2時間おきなんて皆ちゃんと守ってる?

クレンジング忘れの最大の理由は、そのまま寝てしまうことではないでしょうか。
ついつい、あとでクレンジングをしようと思いながらそのままになってしまうことが多いです。

お酒を飲んで帰宅した時に、クレンジングをしないでそのまま寝てしまい、翌朝、そのことに気が付いた時には後の祭り。

肌をオフにしなかったことへの罪悪感から心底、落胆します。
そして、肌の調子が良くないことを感じて洗顔の大切さを再認識します。

(35歳 女性 自営業)

2時間おきなんて皆ちゃんと守ってる?

2時間おきなんて皆ちゃんと守ってる?

夏の季節は紫外線量が1年のうちで一番増えることから、普段からこまめに日焼け止めを塗るようにしていますが、外出時間が長くなると塗り直すのが面倒で忘れがちになってしまいます。

だいたいメイクしたあとの塗り替えは、みんなどうしてるんでしょうね? 
2時間おきにメイクを落とすの? そんなのありえないでしょ。

最近はスプレータイプの日焼け止めがあるので、それをメイクの上からスプレーしたりしてますが、あれは汗に弱いんですよ。
汗っかきなんでほんと正直なところ夏はお手上げです。

で、そんな私のためにあるといっても(?)過言でないのが飲むタイプの日焼け止め。
これは心底ありがたいと思いました。

(38歳 女性 会社員)

ウォータープルーフはやっぱり肌負担

海に行く事になり、ウォータープルーフの日焼け止めを使いました。
日焼けしない為には何度も塗り直さなければいけないという体験談をインターネットで見たので、しっかりと塗り直しました。

家に帰って来てから、ボディーソープで洗ったのですが、きちんと洗い流せていなかったらしく、翌日から肌荒れが出来てしまいました。

肌への負担を考えず、何度も塗り直してしまった上に、ちゃんと洗い流さずに寝てしまった事を、かなり後悔しました。

日焼け止めサプリを飲み始めてから、もうこんなミスとはお別れです。

(21歳 女性 学生)

塗り直しって正直、面倒じゃないですか?

紫外線対策用品にも色々な種類がありますが、どれも一定時間が経過すれば効果が失われてしまいますので、その前に塗り直しが必要です。

紫外線よけは2時間おきに塗り直ししないと効果がないっていうけど、これってきっちり毎日守ってる人いるの?

正直面倒ですよね、すぐ忘れるし。

紫外線対策はいろんなタイプがありますが、それぞれ特徴を調べてみました。

クリームタイプの日焼け止め
 

日焼け止めクリームタイプの特徴

日焼け止めといえばクリームタイプというくらい、商品のラインナップを見てみると日焼け止めクリームが一番多いようです。

種類が豊富である分自分好みの商品が見つかる可能性も高くなりますし、保湿効果に優れていますので肌をしっとりとさせながら紫外線から守ることができます。

乳液タイプの同じように乾燥が気になる肌に最適であり、肌馴染みの良さも同様です。

もっとも大きなポイントは敏感肌に向いている点であり、肌への負担はかなり小さいタイプです。

化粧下地として利用されることも多く、利用する人の肌タイプを選びません。

効果のもちは非常に良いタイプであり、規定時間を目安として塗りなおしていれば大丈夫ですが、一つだけ注意しなければならないのがTゾーンです。Tゾーンの脂浮きが酷いと塗り直しが必要です。

 

日焼け止め乳液タイプの特徴

乳液タイプの日焼け止めの特徴として、肌の乾燥を防いでくれるのは非常に大きなポイントです。

乾燥肌の人は日焼け止めを塗ったりメイクをしたりすることで乾燥が悪化してしまうことも少なくありませんが、乳液タイプなら乾燥対策にもなります。

その上、敏感肌に適したタイプであり、肌に刺激を与える紫外線吸収剤の含まれない商品が多いのも特徴的です。

肌への負担が気になる場合にはノンケミカルのものを探して利用する人もかなり多いので、その場合は乳液タイプなら探すとすぐに見つかります。

肌馴染みが良いこともメリットの一つになっており、メイク用品との相性も抜群です。伸びが良いために体への対策としてもしばしば使われます。

効果のもちは良い方ではありますが、汗をかいた時には流れやすいのでこまめな塗り直しが必要です。
 

日焼け止めジェルタイプの特徴

ジェルタイプは肌に塗った後にべたつかずサラッとしていますので、肌のべたつきが気になる人におすすめです。

伸びが良くて広範囲に塗るのにも最適であり、全身に利用する人もいます。

刺激となる成分が含まれているケースもありますので、敏感肌の人が利用する場合には成分のチェックが必須となります。
塗り直しについては、肌への密着度が低い分少し多めの回数が必要となります。

クリームのように長時間もつタイプではありませんので夏場の紫外線の強い時期に使用する場合にはこまめに塗り直さなければなりません。
 

インナーパラソル16200


内側から守る"夏の美容"サプリメント【インナーパラソル16200】
「ニュートロックスサン」をメーカー推奨量(250mg/日)配合!
インナーパラソル16200
1日の推奨量を摂取すると1袋で15日分や1週間分しかなかったなんてことも・・
しかし、【インナーパラソル】なら1袋でしっかり30日分!
コストパフォーマンス◎の高配合サプリメントです。
インナーパラソル16200公式サイト

日焼け対策サプリ【Dr'sホワイトセラミド】


日焼け対策サプリ【Dr'sホワイトセラミド】

『Dr'sホワイトセラミド』は医師・薬剤師監修のもと話題の新成分「ブライトニングパインR」を配合した紫外線対策のサプリメント。

季節問わず一年中紫外線はあなたの肌へ降り注いでいます。
体の外側だけではなく内側からも対策することで憧れの白さをサポートします。

Dr'sホワイトセラミド公式サイト

マスターホワイト


マスターホワイト
美白サプリ『マスターホワイト』は、
高級美容成分である「プロテオグリカン」「アスタキサンチン」をはじめ透明感を育む美容に注目の「L-シスチン」や
「ヒアロコラーゲン(ヒアルロン酸・コラーゲン)」「エラスチン」「セラミド」を贅沢に配合した<インナー美容サプリ>

インナーパラソル16200公式サイト

 
 
 

日焼け止めスプレータイプの特徴

スプレータイプはいちいち手にとりませんので使い勝手が良いとされています。

塗りにくい場所にもさっと吹きかけるだけですので簡単に紫外線対策が行えます。

ただし、肌への密着度はかなり低く、拭きつけ方によってはムラが発生してしまいます。

汗をたくさんかくような季節に利用する場合には頻繁に塗り直さなければなりません。
比較的向いているのは汗をあまりかかない春先などです。

汗をかかない季節には皮脂によって浮いてしまうようなことも少なくなりますので、密着度の低いスプレーであっても問題なく対処できます。

日焼け止め 塗り直し

 

日焼け止めパウダータイプの特徴

パウダータイプはメイクを仕上げた後にのせるものです。

塗るタイプは面倒だと感じる人にはとても便利ですが、効果が失われやすいという点には注意が必要です。

メイクが崩れてきたタイミングでは既に効果はなくなっていますので、メイクをなおしつつ日焼け止めのパウダーも乗せ直さなければなりません。

落ちやすいために本当に頻繁な塗り直しが必要となりますので、メイクが崩れやすい夏場には面倒に感じてしまうこともあります。

 

日焼け止めミストタイプの特徴

ミストタイプもさっとひと吹きするだけで塗り直しが可能です。

便利で髪の毛などにも使えますので利用の仕方次第ではかなり重宝します。

ただし、均一に塗るのが難しい点と落ちるのが早いという点には気をつけなければなりません。

最近ではSPF値やPA値が非常に高い商品も売られていますが、肌への密着が少なければ数値ほどの効果を実感できません。

湿気の多い季節や汗をかく季節には塗ったすぐ後に落ちてしまうこともありますので、その都度塗り直しが必要です。

色々な種類がある中でも一番多くの回数の塗り直しが必要なのが吹き付けるタイプであり、パウダーとミストならミストの方がもちは悪くなります。
 

日焼け止めは季節によって使い分ける必要がある

日焼け止めは季節によって使い分ける必要がある

このように日焼け止めにも色々な種類がありますが、どれも朝塗れば帰る頃まで効果が持続するというものではありません。

タイプによって使い分けることで効果的な紫外線対策を行うことができますので、それぞれの特徴をよく理解した上で状況に合ったものを正しく選択することがとても大切です。

 

夏に向く日焼け止めタイプ

肌への密着度が高いものは効果が長持ちしますし、汗にも流れにくいので夏場でも安心して使うことができます。

春に向く日焼け止めタイプ

逆に密着度が低くて汗に流れやすいタイプは夏場には向きませんので、主に汗をかかない春先などに活躍します。

 

インナーパラソル16200


内側から守る"夏の美容"サプリメント【インナーパラソル16200】
「ニュートロックスサン」をメーカー推奨量(250mg/日)配合!
インナーパラソル16200
1日の推奨量を摂取すると1袋で15日分や1週間分しかなかったなんてことも・・
しかし、【インナーパラソル】なら1袋でしっかり30日分!
コストパフォーマンス◎の高配合サプリメントです。
インナーパラソル16200公式サイト

日焼け対策サプリ【Dr'sホワイトセラミド】


日焼け対策サプリ【Dr'sホワイトセラミド】

『Dr'sホワイトセラミド』は医師・薬剤師監修のもと話題の新成分「ブライトニングパインR」を配合した紫外線対策のサプリメント。

季節問わず一年中紫外線はあなたの肌へ降り注いでいます。
体の外側だけではなく内側からも対策することで憧れの白さをサポートします。

Dr'sホワイトセラミド公式サイト

マスターホワイト


マスターホワイト
美白サプリ『マスターホワイト』は、
高級美容成分である「プロテオグリカン」「アスタキサンチン」をはじめ透明感を育む美容に注目の「L-シスチン」や
「ヒアロコラーゲン(ヒアルロン酸・コラーゲン)」「エラスチン」「セラミド」を贅沢に配合した<インナー美容サプリ>

インナーパラソル16200公式サイト
タイトルとURLをコピーしました