レーシック失敗・レーシックトラブルまとめ:合併症・ドライアイ・痛み・老眼

レーシック失敗・レーシックトラブルレーシック
レーシックを検討している人のために、レーシックの失敗トラブルを検証してみました。
安心してレーシックを受ける意味でも、是非、参考にしてください。

レーシックで行われる手術について

最近では、プロ野球選手や芸能人など多くの方がレーシック手術を行っています。

レーシック手術は、一体どのように行われているか知っているでしょうか。

レーシックとは、
ます蓋の役割をしているフラップと言う所を特殊な機械で削り、その後角膜にエキシマレーザー言うレーザーで角膜の中央部分を削って、角膜のカーブを変えることによって近視などの屈折異常を矯正するのがレーシック手術の方法と流れになります。

レーシックを行えば眼鏡やコンタクトを使わず、裸眼でものを見ることができますが矯正できる度数には限度があります。

年齢

18歳未満方は基本的に行えません。
昔は40歳以上の方には矯正することができませんでしたが、角膜の状態によって40歳以上も可能となってきました。

合併症

手術には、合併症などのリスクがあり、術後にも様々なデメリットがあります。

ドライアイが起きて悪化することがあります。

正確な眼圧検査ができないため緑内障などの病気が見逃されてしまう恐れがあり、白内障の正確な治療ができないなどのデメリットが存在します。

保険

そして、保険も利かないため、検査や治療は全部実費となってしまいます。

レーシックは、屈折異常を抱えている方には、絶大な力を発揮しますが、様々なデメリットが存在するのでネットや本などで調べて、専門医と良く相談の上治療を行うかご検討してみて下さい。

レーシックは安全なの

レーシックは安全なの?失敗の可能性

レーシックは100%成功するものではありません。

しかしながら、車に乗る、電車に乗る、飛行機に乗るなどすべて安全というわけではありませんので、少なからずリスクはつき物です。

レーシックに関しても、
そのリスクを考えて手術を受ける分けですが、基本的に、事前の検診でどの程度安心受けられるか?また、手術自体受けられないのか?ある程度わかります。

医療の進歩に伴い、5年前のレーシックより今のほうが技術は進歩していますし、検査自体も発展しています。

レーシックでは、角膜をレーザーで調整(凹凸をなくす)というものなので角膜厚が薄かったり、また、乱視が強すぎれば、施術自体も変わります、金額に大きく反映されることになります。

目という大事な身体の一部なので、余計リスクに敏感になるのはわかりますが、視力が回復するというメリットは非常に大きいともいえますね。

レーシック手術でよく聞くドライアイ

レーシックの術後には、
ドライアイになる人がいることはよく言われています。

これはレーシックの手術の過程で、涙の量を調節する神経を切断するからです。

通常、この神経は3ヶ月ほどで再生されますが、個人差があるため数日で元に戻る人や長くかかる人もいます。

元々ドライアイの傾向がある人は、一時的に悪化することがあるので、適切な管理をする必要があります。

点眼で効果が得られない場合には涙点プラグを挿入したり、眼軟膏が処方される場合もあります。

元々ドライアイであっても、レーシックの結果には差はなく、最重症型のシェーグレン症候群でも安全で効果的な手術が行えると分かっています。

術後のドライアイについては、あらかじめ十分説明を受けていれば、驚くほどのことはありません。

ほとんどの場合、時間の経過と共に改善します。

それまでにコンタクトレンズを使用していた人は、目が乾く状態を経験している人も多いのではないでしょうか。

不安な点はしっかり確認して、信頼できる医師による施術を受ければ、眼鏡もコンタクトレンズも不要な快適な生活を楽しむことできます。

レーシック術後の痛みの継続は個人差があります!

レーシック手術を受けようか悩んでいる人にとって、痛みがどれほどなのかというのは、気になる所ではないでしょうか。

レーシック手術は眼の角質をレーザーで削り、屈折を変える手術ですが、手術中は点眼麻酔を行うので、痛みを感じることがありません。

しかし、術後の麻酔が切れた時に、痛いと感じる人がいるようです。

その痛みの感じ方は個人差がありますが、異物が入った時のようなゴロゴロした感覚や砂などが入った時のようなチクチクした感覚などそれぞれです。

レーシック手術を受けた経験のある、スポーツ選手や芸能人の話では、全く痛くなかったと話す人もいますので、人によって痛さの感覚は違うのかもしれません。

術後は安静にしておくことが必要になり、入浴や運動などの制限を受けることがあります。

これを守らずにいたり、眼をこすってしまったり刺激を与えてしまうことで、痛さを感じることもあるでしょう。

何より大切なのは、術後にしっかりとケアしてあげることです。

お医者さんから告げられた制限は必ず守り、日常生活の中でも、眼に負担がかかるようなことはやめましょう。

パソコン作業や本を読む事なども、眼に負担がかかりますので、安定するまでは無理をしないようにしましょう。

レーシック術後の痛み

レーシックのデメリットとトラブル:夜間視力の低下

レーシックにはリスクもあると言われていますが、一つのリスクとして挙げられるのが夜間視力の低下です。

人間の目というのは夜間になると光を得ようと黒目を大きくする性質がありますが、しかしながらレーシックで矯正した範囲を超えてしまう事によって思うように光を得られなくなってしまいます。

中には夜間視力の低下の症状が顕著であり、夜間になると運転がし難い、そして運転用のメガネが必要なケースもあるのです。

ただし、こういった症状には個人差がありますし、レーシックを受けた後でも全くこのような症状が見られないというケースの方が多いとされています。

安全と言われているレーシックなだけにこういった症例が登場すると殊更大きく取沙汰されてしまう事がありますが、実際はマイノリティなケースでもあるのです。

確かにこういったリスクを知っておく事は非常に重要な事と言えますが、リスクばかりに気を取られ、レーシックを敬遠するような必要もないのではないでしょうか。

レーシックは老眼にも効果あり?

人間の目に光が入ると、まず、角膜で屈曲して集光され、水晶体を通って、目の奥の網膜に到達します。

この網膜で光が検知されて像に変換されるのです。

ここで、光の焦点が網膜に合ってないと、像がぼやけてみえてしまいます。

その場合は、弾力のある水晶体の厚みを変化させることにより、焦点が網膜に合うように調整します。

老眼とは、水晶体による焦点調整機能が、加齢によって衰えて、近くのものにピントをあわせにくくなる症状のことです。

老眼になったときの対処方法としては、一般的には眼鏡が用いられます。

しかし、近くのものを見るために眼鏡をかけるのは面倒ですよね。

そこで、最近では、レーシックをはじめとする治療法が提供されるようになりました。

レーシックは近眼の治療にも用いられるものです。

ただし、近眼のレーシックでは角膜を凹状に削って、遠くのものを見る視力を回復させるのに対して、老眼の場合は、角膜を凸状に削り、近くのものを見る視力を向上させます。

レーシック手術により、眼鏡を使用することなく、近くのものにピントをあわせやすくなります。ただし、角膜を凸状に削ることから、逆に、遠くのものを見るときの視力は若干低下することになります。

レーシック 老眼

レーシック手術前後の運動(スポーツ)について

レーシック手術を受ける場合、手術前後に運動制限があります。

レーシック手術を受けるときには、正確なデータが必要なため、飲酒などは控え、コンタクトや化粧なども行わないようにしましょう。

また、しっかりとした睡眠をとり、体調を整えておくことが大切です。

運動に関しては、手術を行う担当医によって制限が違いますので、確認しておきましょう。

手術後は、激しい運動は制限されることになります。

角膜が正常にくっつくまで、安静にしていないといけません。

洗顔や入浴は翌日からになり、洗髪は翌々日から行うことができます。

その際にも石鹸や異物が目に入らないように気をつけましょう。

一般的な事務の仕事でしたら、3日目から復帰できますが、肉体労働やパソコン作業などは目に負担が大きいので、一週間程度経ってから復帰することもあります。

レーシック手術には、手術前後に体調を管理することが必要になりますので、仕事やプライベートのスケジュールなどを考えて行動することが必要です。

事前検査や手術後も定期的に検査を行うことが必須になりますので、担当医と相談しながら時期を見て行うとよいですね。

せっかくレーシック手術を受けても、ケアの仕方によっては、視力低下を招くこともありますので、気をつけましょう。

保険適用?レーシック手術に必要な費用について

メガネやコンタクトの視力矯正を行う人の場合、視力の良い人と比べて費用が掛かりますよね。

メガネの場合、フレームがブランドものでレンズを入れると、高いものでは10万円円以上となることもあり、コンタクトレンズの場合、使い捨てが主流となり、ランニングコストにおいて非常に高くつくでしょう。

これらの概念とは全く違うレーシック手術と言う視力矯正方法があり、メガネやコンタクトのように装着することなく、フレームで視野が遮られることがないというメリットがあります。

ただ、有効的と考えらえるレーシックも、問題は多いです。

生命にかかわらないと言いながら目の手術を行うという不安や、費用負担ということを考えれば、簡単には判断ができない人も多いでしょう。

レーシックは、治療を目的とした疾病ではないため、健康保険の適用がされませんので、自費で行わなければいけません。

スタンダードなタイプで片方5万円から8万円までが多いのでしょうが、もっとも高い方法として片方30万円を超える費用となることもあります。

エキシマレーザーにより角膜を削るため、元に戻すことができませんので注意して安心できる医院に依頼することが良いでしょう。

レーシックによる視力低下について

レーシックとは、視力が低下しているに対して、視力回復するように手術する方法です。

角膜を直接レーザーで削り、角膜のカーブを変えることで、光の屈折角度を変えて矯正します。
一度行えば、ある程度の視力を回復でき、眼鏡やコンタクトなどの煩わしさから解放出来ることから、近年では施術する人たちが増えてきています。
しかし、人気が上がる一方で、レーシックによるデメリットも存在していることを理解しなければなりません。
直接目にレーザーを当てるため、事前に十分な検査を行うことが大切です。きちんと検査も行わずに手術を行うような病院は避けましょう。
また、一時期を過ぎると、視力低下を起こすこともあります。
レーシックを受けたからといって、視力低下を防げるわけではなく、目に悪い生活環境を送っていると、視力低下が進んでいく事かあります。
レーシックを受けた後もしっかりとメンテナンスを行うことが大事ですので、定期的な検査を受けるようにしましょう。

新宿でレーシックを受ける場合の費用の相場

レーシックは外科手術ではありますが、入院する必要がなく、麻酔もしているので痛みを感じることもありません。レーシックを受けてしまえばもうメガネともコンタクトレンズともさようならできます。どちらも一生の間に何度も買い替えが必要になるものですから、適応さえしていれば思い切ってレーシックを受けてみるのも良いでしょう。新宿で受けた場合の費用の相場はレーシックの方法にもよりますが、安ければ10万円前後、高くても20万円から30万円ほどです。新宿は公共交通機関も多いので手術を受けた後に帰る時も便利です。そもそもレーシックは保険適用ができません。全て自己負担になります。さらにクリニックによって価格の設定が違いますから、まずはいろいろなクリニックへ行き、説明を聞いてみるのが良いです。相談自体は無料でしてもらうことができます。手術できるかどうかを調べる適応検査はレーシックを受けたい方は必ずしなければいけないのですが、この検査も無料で受けることができるので、その時にそのクリニックの方法はどんなものかということを聞いてみるといいです。価格もいろいろありますから無理せずに受けられ、しかも質のいいクリニックを選ぶのがポイントです。

タイトルとURLをコピーしました