1. TOP
  2. 脱毛
  3. 産後の抜け毛
  4. 産後の抜け毛の原因とは?もとに戻すために心がけたいこと

産後の抜け毛の原因とは?もとに戻すために心がけたいこと

産後の抜け毛の原因とは?もとに戻すために心がけたいこと

産後に急に抜け毛が多くなったという方は多いのではないでしょうか?抜け毛が増えるとだれでも不安になりますが、多くの経産婦が経験しているといわれています。今回は産後の抜け毛がどうして起こるのか、またもとに戻すにはどのようなことに気をつければよいかお話していきます。

産後の抜け毛の原因は?

出産を終えて、やっとお風呂にゆっくり入れるようになってきた頃、シャンプーをしたり、ドライヤーで髪を乾かしているときに、髪がたくさん抜けていることに気がつき愕然とすることがあると思います。しかし、産後の抜け毛は、多くの出産経験者が経験していることなのです。病気など何かの異常によって起こる抜け毛ではないので心配はいりません。では、産後にどうして髪の毛が抜けやすくなるのか、その原因について解説します。

産後の抜け毛の原因は?

女性ホルモンの変化

産後の抜け毛の主な原因は女性ホルモンの変化にあります。妊娠中の体内では2種類の女性ホルモン(プロゲステロンとエストロゲン)が増えてきます。髪の毛の成長を促す働きがある女性ホルモンが増えると、髪の毛が抜けにくくなるので、髪の毛や体毛が濃くなる妊婦さんも多くいます。そして、出産を終えると、女性ホルモンの分泌量が急激に減少するため、抜けないで頭皮に留まっていた髪の毛が一気に抜け落ちてしまうというわけです。こうした女性ホルモンの減少による髪への影響は、出産後2~3か月経過して表れてきますが、髪の毛が抜けてしまっても、新しい髪の毛がまた生えてきます。このように、産後の抜け毛は、普通の薄毛や抜け毛とは異なり、妊婦さんの体の変化による影響なので心配はいりません。

子育てのストレス

産後の抜け毛にはストレスも関係しています。新米ママは毎日慣れない育児に奮闘して大変です。かわいいわが子ですが、夜中の授乳もあり、赤ちゃんの夜泣きに途方にくれるママも多いことでしょう。ストレスを感じるのも無理はありませんよね。

しかし、ストレスがあると、血圧などを調整する自律神経が乱れてくるため、血管が収縮することで血行が悪くなります。血行がスムーズでないと、髪の毛を育てる場所の毛母細胞へ栄養が十分に行き渡らなくなり、毛が細くなってきて、抜けやすくなってくるのです。

ストレスは、自分が嫌なこと、苦痛に感じることなどから起こると一般的には思われていますが、出産後の生活など、これまでと一変する生活環境の変化などによっても起こります。出産直後の女性は、大なり小なりだれもがストレスを感じています。

睡眠不足と栄養不足

夜間の赤ちゃんの授乳があると、どうしてもまとまった睡眠が取れません。睡眠中は成長ホルモンの活動が活発になり体の機能が回復してきますが、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうため、髪が育ちにくくなり、抜け毛につながります。夜間に睡眠を続けてとることは無理であっても、なるべく一日の睡眠時間を一定時間以上確保しましょう。

また、出産後は赤ちゃん中心の生活になり、食事を簡単に済ませる日が多くなってくるため、栄養が不足しがちです。その結果、髪の毛まで栄養が回らず、抜け毛を起こしやすい状態になってしまいます。

髪のためにも栄養バランスがとれた食事を心がけましょう。毛髪に良い栄養素については、後ほどお話します。

髪のためにも栄養バランスがとれた食事を心がけましょう。

産後の抜け毛どれくらいでなおる?

髪の毛は、一度抜けると2~3か月の休止期に入りますが、休止期を過ぎると徐々に生え始めてきます。一日0.4ミリ程度伸びるので、しばらくすると元通りの毛量に戻りますが、回復までにどのくらいの期間を要するでしょうか?一般的には、抜け毛のピークは、産後6ケ月から1年と考えてよいでしょう。その頃になると、月経も回復してきてホルモンバランスがもとの状態に戻ってくるからです。

回復するのは産後1年くらい

また、授乳をしている間は、母乳を出すホルモンのプロラクチンが女性ホルモンを抑制しているため、抜け毛が回復するのは、遅くとも授乳の回数が減ってくる産後1年くらいと考えられます。

早く元に戻すには?

産後に女性ホルモンが戻れば、次第に抜け毛は回復します。回復するまではゆったり過ごし、あまり抜け毛を深刻に考えないようにすることも大切です。出産後の抜け毛は一時的と割り切るようにしましょう。また、日頃からストレスをためないような対策も少しずつ立てるとよいでしょう。たまには赤ちゃんを預けて、外出するのもよいですね。産後1年間で、生活のリズムや食生活を見直して、髪に良い生活を心がけましょう。

産後の抜け毛を元に戻すには?

では、抜け毛を元に戻すためには、どんなことを心がければよいでしょうか?

食事や栄養成分の見直し

赤ちゃんの世話で忙しいママが抜け毛を防ぎながら、健康的に過ごすために、髪の毛の生成に重要な成分であるタンパク質・ビタミン・亜鉛を積極的に食事から摂りましょう。

タンパク質

髪の毛の主要成分、タンパク質は髪の毛の成長に欠かせない最も重要な栄養素です。特に大豆に含まれるイソフラボンは髪の毛の成長を促すので、朝食に納豆を食べたり、お豆腐のお味噌汁などで手軽に摂取しましょう。

ビタミンB2・B6

細胞の代謝を促進するビタミンB2・B6が頭皮に十分に届いていれば、毛母細胞の活動も活発になります。

ビタミンB2は、レバーや青魚、卵などに、ビタミンB6は肉類、サケ、バナナ、ナッツなどに多く含まれます。

ビタミンE

血管の拡張作用があるので、血行を改善し、頭皮へ栄養が行き渡ります。ビタミンC類と一緒に摂取すると吸収効率がより高まります。ビタミンEは、植物性の油やナッツ、ゴマなどに多く含まれます。

亜鉛や鉄分などのミネラル

ミネラルの中でも、特に亜鉛と鉄分の不足は抜け毛の原因につながります。亜鉛は細胞の新陳代謝を活発にし、鉄分は血液中のヘモグロビンの生成を助けて、頭皮の血行を促すため毛根に栄養を与えます。亜鉛は、牡蠣、魚介類、アーモンドなど、鉄分はレバー、小松菜、ほうれん草などに多く含まれています。

髪に良い食材はたくさんありますが、髪に良いからといって一つの食材ばかり食べるのではなく、複数の食材をバランスよく組み合わせて適量を取り入れることがポイントです。

頭皮のマッサージ

頭皮のマッサージ

産後に睡眠リズムが不規則になると自律神経が乱れ、血行不良が起きやすくなります。血流がスムーズでないと頭皮にも栄養が届きません。頭皮の下には筋肉がないので、凝り固まって血流が悪くなります。そこで、頭皮をマッサージで柔らかくして血行を促しましょう。簡単な方法はシャンプーをしながら頭皮マッサージを行うことです。頭皮を傷つけないように、指の腹でやさしくもみ洗いをします。髪の汚れを落とすというより、頭皮を揉むことを意識してくださいね。

産後の抜け毛は気にしないで

妊娠中は身体の変化にいろいろ悩まされ、赤ちゃんが生まれたら元に戻ると思っていたところ、元に戻すにはさまざまな体調の変化があり、育児中のママたちは大変ですよね。産後の抜け毛については一時的なものです。産後1年間に女性ホルモンがもとに戻れば、抜け毛は自然に回復します。あまり深刻に考えないようにすることが大切です。また、生活のリズムや食生活の見直しなど、髪の成長によい生活を心がけていきましょう。