1. TOP
  2. 健康
  3. 睡眠
  4. 良質な睡眠を得るためにすべきこと

良質な睡眠を得るためにすべきこと

良質な睡眠を得るためにすべきこと

私たちの健康と成長を保つために、最も必要だとされていることは、質の良い睡眠であるということはご存知だと思います。

学校や仕事が始まる日にも、朝遅くまで寝てしまうということがあるのは、日頃の睡眠が足りないというサインかもしれません。

睡眠医療の研究によると、わが国でも5人に1人は睡眠の問題で悩んでいることがわかっています。その中には、不眠症、過眠症、体内時計の異常によるものなど、多彩なものが存在します。

実は、「朝方」や「夜型」という体質は遺伝によるものであると判明していて、人間には、遺伝によって決まる必要睡眠量があると考えられています。

皆さんはどのような睡眠スタイルを維持していますか? 普段、あまり睡眠について意識していなかった方も、ぜひ、この記事を読んで参考にしてみてくださいね。

睡眠とはメンテナンスである

睡眠とは心身のメンテナンス。不規則な睡眠が続くとコンディションが続かず、運動効果も上がりません。睡眠は、私たちの体の不調や心の不調、判断力や記憶力の低下を改善できる最善の方法です。たかが睡眠と、あなどってはなりません。

日頃から質の良い睡眠(深い眠り)をとることにより、疲労によって低下した免疫力の回復、蓄積されたストレスの軽減、成長ホルモンを正常に分泌するなど、体を健康に保てます。

人は睡眠をすることで、心身のリラックスや思考の整理を行います。そして、私たちに必要な成長ホルモンを分泌させ、体や心の傷んだ部分を修復しているのです。

睡眠とはメンテナンスである

良質な睡眠を得るために

良質な睡眠は、光に非常に関係してきます。しかし、現代を生きる私たちはインターネットやスマートフォンの復旧で心身共に負担がかかることが増えてきました。

人間は強い日光を浴びると眠れなくなることがあります。パソコンやスマートフォンなどに使われている青い光は、特に眠りを妨げてしまいます。

しかし、現代の環境が原因となる、「なかなか寝付けない」「眠りが浅い」という悩みをよく耳にします。眠りたいのにうまく眠れない、という状況はとても辛いものですね。このような悩みには、眠りの環境を整えることがオススメです。

パソコンやスマートフォンなどに使われている青い光は、特に眠りを妨げてしまいます。

 

睡眠環境を整える

眠りの環境を整えるためには、枕を通気性・弾力性の高いものに変える、部屋の温度や湿度調整、寝る前にブルーライトを吸収しないことなどが挙げられます。

例えば、マットレスは柔らかすぎてお尻が落ち込んでしまうと、睡眠が浅くなる傾向がありますので注意しましょう。光の強すぎる室内では間接照明に切り替えること、睡眠前のストレッチ、リラクゼーションなども効果が高いとされています。また、部屋の湿度は50%〜60%が理想とされています。

睡眠環境を整える

良質な睡眠のためのサプリメント

あるいは、サプリメントを摂取してみるのも睡眠の質を上げる一つの方法です。睡眠の質を上げるサプリメントには“アミノ酸グリシン“が含まれています。グリシンとは睡眠改善サプリメントとして、初めてその機能を表示することが認可されたものです。規定量を摂取することで睡眠の質を改善する効果が得られます。

睡眠は私たちの1/3の割合近くを占める重要な現象です。睡眠には個人差があるので、それぞれの人に対応できるような、サプリを用いた栄養摂取の方法は理想的だと言えます。健康な方に比べ、睡眠不足の方が抱える疾患を抱える確率は多いとされています。

睡眠と加齢

さらに、睡眠は加齢による影響を強く受けます。ホルモンバランスの崩れによる、更年期特有の症状や、不規則な睡眠が引き起こす症状は、なかなか自覚しにくいものばかりです。加齢による疲労回復スピードの低下と共に、症状が合併してしまうリスクがあることを覚えておきましょう。

熟年世代の方は、睡眠時間をただ長く取れば良いというわけでもありません。寝床で過ごす時間を長く取る習慣が、かえって睡眠の質を低下させてしまうこともあります。そのため、日中しっかりと活動し、深部体温を上げることが大切です。

気をつけたいのは、年齢を重ねるにつれ寝酒を行ってしまうという人が増えていることです。確かに、アルコールには入眠を即す効果がありますので、前半はぐっすり眠れるでしょう。しかし、後半にはだんだん眠りが浅くなるという落とし穴が待ち構えています。

寝酒を一週間続けてしまうと、夜中に目が覚める、早朝に目が覚めてしまう。脳がアルコールになれると、だんだんと同じ量では寝付けなくなるので注意が必要です。

齢を重ねるにつれ寝酒を行ってしまう

質の良い睡眠を意識して取るには

最後に、質の良い睡眠を意識して取る方法として、睡眠状態の記録をメモしておくのもいいでしょう。

・睡眠時間と起床時間
・朝、起床した時の気分
・午後からの眠気の有無

このような情報を記録しておくだけで、自分の睡眠状況を簡単に把握することができますよ。

睡眠は、免疫力を高める効果があり、私たちが行う疲労回復方法で最も効率の良いものです。睡眠不足は成長を妨げる原因であり、日頃から蓄積されるストレスにも関わってきます。質の悪い睡眠が続いてしまうと、仕事や私生活に支障を来してしまい、作業効率も低下してしまいます。日頃から、「夕べの眠りは十分だった」と思える、満足度の高い睡眠を続けるようにしましょう。

睡眠時間と起床時間