1. TOP
  2. 生活
  3. リフォーム・リノベーション
  4. リフォームとリノベーション違いと、それぞれのメリット・デメリット

リフォームとリノベーション違いと、それぞれのメリット・デメリット

リフォームとリノベーション違いと、それぞれのメリット・デメリット

リフォームとリノベーション:老朽化した部分を元の状態に戻す

【リフォーム】

リフォームとは、老朽化した部分を元の状態に戻すことを指す言葉です。
傷んだり壊れたりして悪くなった部分を、本来あるべき状態に修繕します。
あるべき機能を回復させることで、快適な暮らしを取り戻すことが可能です。

 

メリット

リフォームのメリットは、そのままの状態を維持したまま、新しい環境を手に入れられることです。

リノベーションのように、まるで別の住まいになったかのような大規模工事を行ってしまうと不便になり得ることもあります。

その点、リフォームなら古くなったところをキレイにするだけに留められますので、住み慣れた環境のままで暮らすことができるのです。愛着のある住まいの雰囲気を壊したくない時などに適した選択肢と言えるでしょう。

工事期間が短くて済んだり、費用を安価に抑えられたりするのもメリットです。

必要な個所にだけ施工を行うことができるため、最小限の負担で抑えることができます。部分的な変更なら仮住まいへ引越すなども不要ですので、気軽に施工を行いやすいです。

【参考サイト】
リフォーム業者探しで困ったら一括無料査定
リフォーム見積もりはこちらから

 

デメリット

リフォームのデメリットは、大きな変更が発生しないことです。
現状の空間を維持しながら施工ができるのがメリットでしたが、裏を返せば目新しさのない住まいへと変更されるだけです。

もっと大胆に住環境を変えたい、不便な間取りを変更したいなどの場合には、あまり適していません。

施工内容によっては高く付いてしまう可能性があるのもデメリットです。
部分的なリフォームを行っていくよりも、リノベーションで一気に変更を加えた方が安く済むこともあります。

リフォーム

 

リフォームとリノベーション:新たな価値を付与する施工

【リノベーション】

リノベーションとは、新たな価値を付与する施工を指します。

リフォームの場合はマイナスになった部分をゼロの状態に戻すという意味合いで施工を行いますが、リノベーションに関しては当初の状態よりも価値を高めることに軸を置きます。

例えば、現代の生活に合わせるために間取りを大胆に変更したり、設備を一新して新築同様の状態にしたりなど、大規模な変更を伴うのが特徴です。

 

メリット

リノベーションのメリットは、住み慣れた場所で新しい生活を手に入れられることです。

まるで建て替えをしたかのような、新しい間取りや設備などの住環境で暮らせます。
従来よりも付加価値のある我が家となるため、ワンランク上の生活を手に入れることが可能です。

リノベーション前提の家選びができるのもメリットでしょう。

一戸建てやマンションなどを中古で買う場合、理想的な住環境がある物件を見付け出すのは容易ではありません。
しかし、リノベーションを視野に入れながら物件探しをすることで選択肢を広げていくことが可能です。

たとえ不満のある間取りや設備だったとしても、購入後に不満点を改善していくことができます。
昨今では中古物件を安く購入し、リノベーションに費用を掛けて理想的な環境を手に入れるケースも増えています。

「超リアル!」現役の不動産営業マンが仕事で一番ツラいことを語る!!

 

デメリット

リノベーションのデメリットは、新築と全く同じにはならないことです。
新しく建てた住まいならば、地盤や基礎からしっかり構築していくため、これからも長く安心して暮らすことができます。

一方のリノベーションの場合、基本的には基礎的な部分を活かした上で施工を行うゆえに、耐久性の面で難が出てくる可能性があるのです。

実際に暮らせるようになるまで、時間が掛かる可能性があるのもデメリットと言えます。

設計に強い拘りを持っている場合、間取りや設備などを細かく打ち合わせをする必要があります。
工事期間も長く必要になりますので、完成を待つ時間が発生してしまうのです。

ローン金利が高めというデメリットもあります。
一般の住宅ローンを組むことはできませんので、リノベーション用のローンを利用することになりますが、こちらは住宅ローンと比べて金利が高めです。

資金計画をしっかりと立てていかないと負担増の可能性が考えられます。

リフォーム