1. TOP
  2. 生活
  3. LINE証券
  4. LINE証券で貯金よりも投資で貯める LINE証券が初心者に優しい5つの理由

LINE証券で貯金よりも投資で貯める LINE証券が初心者に優しい5つの理由

LINE証券で貯金よりも投資で貯める LINE証券が初心者に優しい5つの理由

LINE証券で貯金よりも投資で貯める
LINE証券が初心者に優しい5つの理由

※この記事はこんな悩みを持っている人向けに書きました。

「株式投資はしてみたいけど資金が少ない、大損しないか不安…。」
「始めるにあたって手続きとか面倒そう…。」
「株式投資って難しそう…。」

投資を始めるのは簡単になりました

多くの人が投資を始めない理由は「投資には興味があるが、不安・面倒そう・難しそう…」といったマイナスのイメージがあるからですよね。たしかに、一昔前までは投資を始めるには、多額の準備資金が必要だったり、証券会社の窓口で面倒な手続きを済ませなければ、スタート地点にも建てなかったと思います。

ですが、最近はフィンテック(ファイナンスとテクノロジーをかけ合わせた言葉)が発達したおかげで、誰でも少額から手軽に始められる事ができるようになりました。

ここでは、そのなかでも、みなさんお馴染みのLINEで始められる投資のお話をしていきます。

LINE証券

LINE証券で気軽に投資デビュー

「投資をもっと身近に、もっと手軽に」をテーマに開発されたサービスが「LINE証券」です。LINEと聞くと、みなさんはメッセージや最近ではキャッシュレス決済に使用している人も多いと思います。

そんな、みなさんにも馴染みが深いLINEで気軽に投資デビューできるって知ってましたか?もしかしたら、一度はLINEアプリの中にLINE証券をみつけて、ちょっと興味があった人もいたのではないでしょうか。

LINE証券は知っていたけど、投資というと敷居も高く、なかなか始められない人も多いと思いますが、LINE証券はそんな投資初心者向けに優しいサービスとして設計されています。

LINE証券

LINE証券が初心者に優しい5つの理由

1株単位で数百円から株が買える

いままで株式投資は多額の準備金が必要でした。株はある程度まとめて買うことが多かったので、1株が安くても数千株単位でしか売買が出来ない会社もあり、そのため一般の人にはなかなか手が届かなかったのですが、LINE証券は数百円から購入が可能です。

LINEポイントを使って投資ができる

LINE証券のメリットはこれです。最近のキャッシュレス決済は還元ポイントがついてきますが、LINE証券ではこのLINEポイントを使用して投資ができるのです。日々の買い物で貯まるポイントで株式投資ができるのは、投資初心者としてもうれしいポイントです。

業界最低水準の取引コスト(※)

株を売り買いする時はスプレッド(売り買い時の差額)が開いてしまうと、その分だけコストが掛かってしまうことがあります。LINE証券ではその差額をなるべく抑えるような仕組みを取り入れて運営してくれています。

※日本国内のスプレッドを加減算する方式の単元未満株取引サービスにおいて。日中(09:00〜14:50)の1往復分(買付時と売却時)のスプレッドを比較。
夜間(17:00〜21:00)における日本株の単元未満株の取引は当社のみ提供。(2019年11月20日当社調べ)

平日21時まで取引できる

株式投資をすると、ついつい昼間の仕事中に株価が気になってソワソワしてしまいます。ですが、昼間にそうそう取引をすることは、働いている人には難しいですよね。LINE証券では平日21時まで取引できるので、お仕事が終わったあともゆっくり取引できるので安心です。

申込から最短翌営業日で口座開設できる

申込みから取引までスマホで出来て、早くて簡単に始められます。身分証明のやり取りもスマホから行えるので、わざわざ店舗の窓口まで出向いて契約することはありません。ほとんでネット銀行の契約と同じくらいの手軽さで完了できます。

その他にも、LINE証券のアプリのデザインはシンプルで、初心者の方でも簡単に操作ができるようになっています。
また、LINE証券ならではのお得なキャンペーンも定期的に開催しているので、楽しく投資を学ぶことができるのではないでしょうか。

LINE証券の安全性

「でもLINE証券って初めて聞くけど、安心なの?」
投資初心者の人も少し投資を知っている人も、最近出てきて今まで名前も知らなかったLINE証券が大丈夫なのか?と不安に思うかもしれません。

でも大丈夫です。LINE証券は、業界でもトップの「野村ホールディングス」とLINEの子会社「LINE Financial 株式会社」との共同設立会社です。

投資初心者の人でも野村證券の名前は聞いたことくらいはあるのではないでしょうか。そのくらい業界大手のところとの共同設立です。
つまり、このライン証券は、普段のラインを使いような感覚で、安全に株式投資ができるサービスと言えます。

 

出典:
「LINE証券」提供を開始 | ニュース | LINE株式会社<
お金を借りる方法
借金返済方法借金返済