1. TOP
  2. スキンケア
  3. ボディケア スクラブ
  4. 肌のゴワつきを解消!パーツ別スクラブ選びのポイント

肌のゴワつきを解消!パーツ別スクラブ選びのポイント

【ボディケア】肌のゴワつきを解消!パーツ別スクラブ選びのポイント

空気の乾燥がすすむ冬はただでさえ肌がかさつく季節。

さらに乾燥した肌と洋服がこすれたり、ふだんの保湿ケアを怠ったり、ちょっとした刺激で肌が硬くゴワゴワになってしまいます。

寒い時期は厚着して隠せるとはいえ、ガチガチに硬くなった肌は手触りがよくないし白く粉をふいたひじやひざは見ているだけでガッカリした気分になるものです。

そこで、肌がごわつきやすい冬こそ力を入れたいのがスクラブを使った肌ケア。

今回はパーツごとのスクラブの使い分けやスクラブケアの効果をアップさせるコツについてお話します。

乾燥が気になるパーツは保湿系スクラブ

乾燥が気になるパーツは保湿系スクラブ

体の中でも乾燥しやすく目に付きやすいのがひじ、ひざ、指などの関節部分。

放っておくと肌が乾燥して白く粉をふきはじめたり、ゴワゴワとして見た目も手触りもよくありません。

特に手の指は人の目にもふれる機会が多いので忘れずにケアしたいパーツです。

乾燥しやすく人の目にもふれやすいパーツのお手入れには角質除去といっしょに保湿ケアもできるスクラブがおすすめ。

たっぷりとスクラブをとりひじ、ひざ、指の関節に馴染ませながらゆっくりケアしていきます。

力を入れてこすってしまうと肌に残したい必要な角質まで落としてしまい肌をさらに乾燥させてしまうので気をつけてくださいね。

スクラブは優しくなでるようにするだけでも十分効果があります。

保湿を意識したスクラブを使うと余分な角質が落ちてつるっとするだけでなく、ふっくらと柔らかいお肌をつくれますよ。

もちろん、お風呂あがりの保湿ケアも忘れずに。

頑固なかかとの角質には軽石スクラブ

頑固なかかとの角質には軽石スクラブ

体の中で角質が特に硬くなってしまうパーツといえばかかとです。

かかとはもともと皮脂が少ないためふだんから乾燥しやすく、空気が乾く季節にはお手入れを怠るとみるみるうちにガチガチかかとになってしまいます。

かかとは一度硬くなってしまうと柔らかなお肌に戻すのが大変です。

そのままにしているとささくれができてストッキングにひっかかってしまったり、ひどい時はひび割れができて歩くたびに痛むなんてこともあります。

そうなると自分ではケアができなくなってしまうのでふだんからこまめにお手入れをしていくことが大切。

そこでかかとにはスクラブの中でも角質除去の効果が大きい軽石が配合された足用のスクラブがおすすめです。

スクラブの場合、軽石を細かくしたパウダーが入っているものが多いです。

そのため、軽石で直接肌をこすると皮膚を削りすぎてしまって心配という人でも使いやすいです。

角質が硬くなったかかとを中心に足裏やくつずれができやすい足首のした辺りまでやさしくケアします。

軽石は角質を削る力が強いのでくれぐれも力は入れないように!

また、肌が柔らかい部分に使うと肌を傷めてしまうこともあるので使うのは足だけにします。

デリケートなパーツにはソフトスクラブ

デリケートなパーツにはソフトスクラブ

足裏とは対照的にヒップや太ももなどもともとお肌が柔らかいパーツもあります。

このあたりはかかとのように角質がガチガチに硬くなることはありませんが、乾燥して古い角質が溜まると手触りがザラザラゴワゴワしてきてしまいます。

そのため角質のケアは必要ですが、肌が傷つきやすいので刺激の少ない専用のソフトスクラブを選ぶのがポイントです。

デリケートなパーツに使うスクラブは手にとってもつぶつぶ感を感じられなかったり一見スクラブのようではありません。

でも、実際には細かな成分が入っていて肌の上を滑らせることでしっかりと角質を落としてくれます。

スクラブの効果をアップさせるコツ

スクラブの効果をアップさせるコツ

バスタイムのスクラブケアでは角質を落としやすくしてスクラブの効果をアップさせる簡単なコツがあります。

それがスクラブケアをする前に肌をしっかりとふやかすこと。

乾燥して硬くなった肌をいきなりこすると肌を傷つけてしまうこともあります。

そこでまずは湯船につかって硬くなった角質に水分を吸わせてやわらかくふやかします。

ぬるめのお湯にゆったりと浸かるのがポイントです。

また、お風呂の中に炭酸系の入浴剤を入れるのも効果的です。

炭酸の効果で角質が柔らかくなるし、肌表面の皮脂や汚れを浮かしてくれるので肌のお手入れをしやすくしてくれます。

パーツ別のスクラブの選び方のポイントまとめ

体の中でもパーツによって角質の硬さや肌の柔らかさが違うのでお手入れの時はスクラブをきちんと使い分けるのがポイントです。

保湿を怠ると角質はまたすぐに硬くなってしまうので角質ケアをした後はお風呂上りの保湿ケアも必ずセットでするのが大切です。

冬のうちからこまめにケアしておくことで薄着になり始める春の肌の状態も違ってきますよ。