1. TOP
  2. 健康
  3. コンドロイチン
  4. コンドロイチンってなに?コンドロイチンについて

コンドロイチンってなに?コンドロイチンについて

コンドロイチンってなに?コンドロイチンについて

コンドロイチンとは

コンドロイチンとはサメなどの軟骨に含まれるややネバネバしている物質のことで、適度な水分があり膝や関節などの軟骨を守る働きがあります。

普段の食事で十分な量を摂取するのは難しいとされていて、加齢と共に不足しがちになるので注意が必要です。

コンドロイチンの効果

コンドロイチンの効果はいろいろあり、例えば膝や関節などの痛みを気にすることなく、元気にいつまでも歩きたい人にとって活動的な毎日をサポートしてくれる成分になります。

コンドロイチンを補うことは重要で、コンドロイチンは「ムコ多糖類」の一種で軟骨成分とし有名です。

コンドロイチンをきちんと補うことによって、膝などの関節痛を改善することがあるとされています。

関節痛・炎症を和らげる

関節痛・炎症を和らげることができ、膝などの痛みの原因として膝関節の軟骨が次第にすり減っているため、関節を守るクッションとしての働きが低下することがあげられます。

軟骨成分をきちんと補うことによって、膝の関節痛などを和らげることができ、年齢を重ねても自分の足で歩くことができるようになるでしょう。

関節痛・炎症を和らげる

美肌効果

美肌効果もあり、コンドロイチンを意識的に摂取しはじめた人が実感することの多くに肌の変化があげられます。

肌が瑞々しくなったりくすみが消え輝きが生まれてきたという声もあり、肌に以前よりも張りが出てきたという意見が多いです。

体の内部からコンドロイチンを補充したことによって、健康な素肌が蘇ったことを意味しています

皮膚の老化は体内のコンドロイチン不足が重大な鍵を握っていて、きちんと摂取することからお肌のハリや髪の毛のツヤを維持することができたり、高い保水力を持っているのでお肌の潤いを保つことが可能です。

ハリや弾力などをもたらす美肌効果があり、髪や爪といったツヤにも効果を発揮することができます。

美肌効果

生活習慣病改善

生活習慣病改善として利用することができ、コンドロイチンの効果として有名なのは関節痛などの改善ですが、この他にも生活習慣病を予防するなどのさまざまな効果があります。

血液中にあるコレステロールや過酸化脂質などを除去する作用があり、動脈硬化や高血圧などを予防することが可能です。

骨粗しょう症を予防するの効果があり、コンドロイチンはカルシウム代謝に関係しているので骨の成長をサポートする働きがあります。

カルシウムと一緒に摂取すると、骨粗しょう症の予防にも繋げることができるでしょう。

生活習慣病改善

コンドロイチンの副作用

コンドロイチンの副作用に関して、適切に摂取していると安全だと言われています。しかし人によっては副作用として、上腹部痛や吐き気、下痢や便秘、まぶたの腫れや下肢の浮腫などが報告されているので注意が必要です。

コンドロイチンは高齢者が利用することが多く、他の医薬品も服用している人が多いでしょう。

医薬品との相互作用について抗凝固薬(ワルファリンやヘパリン)や、抗血小板薬(クロピドグレルなど)などとの併用は注意が必要です。

非ステロイド系炎症薬(アスピリンやイブプロフェン)などは脳や肺・消化管といった出血を高めるリスクがあるので、これらのような医薬品との併用はしないよう注意しましょう。

コンドロイチンの副作用

コンドロイチンの摂取方法

コンドロイチンの摂取方法として、基本的に医薬品ではないのでタイミングの指定がありません。

毎日忘れずに摂取するためなるべく時間帯を決めて飲むことをおすすめします。
水やぬるま湯などと一緒にかまずに飲むようにします。

食品扱いになるので毎日安全・安心して飲むことが可能です。

医薬品といっしょに飲むことができるのですが、服用している医薬品の種類によって飲み合わせなどに考慮が必要なケースがあります。

コンドロイチンと服用している薬を併用しても良いか、医師と相談すると良いでしょう。