1. TOP
  2. 妊娠・出産
  3. 高齢出産のリスクを軽減させる方法

高齢出産のリスクを軽減させる方法

高齢出産のリスクを軽減させる方法

高齢出産とは

高齢出産とは医学上はで35歳以上で子どもを産む事となります。
いわゆる世間一般では専門家やコメンテーターの方々によって高齢の定義が曖昧です。

しかし統計的に医学的には35歳以上と厳格に定められており、さらに言及すれば初めて35歳以上で出産を経験する女性に対して使われる言葉です。

ひと昔前の定義では30歳以上が高齢出産と考えられてきました。ところが社会全体の長寿化や生活環境の変化などで年齢が5歳、引き上げられたのです。

高齢出産のリスク

高齢出産のリスクは色々と報告されています。
その中でもひと際、リスクが高いのが妊婦が亡くなる確率の高さです。

そもそも今でこそ出産に関する環境はきめ細かくなりましたが、元々女性が初めて分娩を経験する事自体、実は大きな死亡リスクでした。

環境整備や医療技術、出産に関する体制の充実等で今では多くの方が無事に子どもを産めるようになりましたが、一方で35歳の方々はそれよりも若い女子に比べて死亡の危険性が2倍以上です。40歳以上となりますと、5倍近くのリスクが生じ、単純比較で20代の女性に比べて10倍以上の危険性が伴います。

いわゆる難産の確率も上がるのが特徴です。母子ともに健康に分娩の時期を迎えられても、20代の女性に比べて長い時間にわたり、母親が奮闘しなければなりません。難産だけではなく流産のリスクも高くなる傾向があります。妊婦の負担が全体的に重たくなるのが難点であり、時間や体力が通常よりも大きく掛かります。

高齢出産のリスク

 

高齢出産のリスクを軽減する方法

リスクを軽減する方法は主に衣食住の見直しです。
誰でも気軽に取り組める事柄ばかりですので、効率的にリスクマネジメントをしたい方は早速意識しましょう。

栄養バランス

栄養バランスを考えた食生活をスタートさせる。
食事はリスクマネジメントの基本です。月並みではありますが、栄養バランスの取れた食生活を意識する事が大切です。

ジャンクフードやファストフードを食べる事自体は大丈夫ですが、それが毎日ではバランスが偏ります。

魚介類や肉類や乳製品カテゴリー、そして緑黄色野菜や穀物類など多種多彩な食材を毎日まんべんなく摂取しましょう。

栄養バランス

 

体重管理

体重管理も重要な観点です。

分娩の時期に向けて適度なダイエットも大切です。
無理に食事制限をするのは好ましくありません。

過度なダイエットはむしろ危険性を高めるので、いわゆる元々やせ型の方は取り組む必要はないでしょう。

あくまで今現在の体重を維持する程度に留めるのが最適です。
暴飲暴食は避け、お酒や脂っこい食事は適度に留めるのが良いでしょう。

体重管理

 

ストレスを溜めない

ストレスを溜めないのがメンタルケアで重要となります
ストレスは万病のもとであり、出来る限り心労は抱え込まないように意識したいところです。

不安は専門家に相談したり、自分のメンタルをセルフチェックするために日記を記録したり、ストレス解消のために意識して趣味の時間を設けるなどの工夫が大事です。

妊婦なので趣味や娯楽は避けなければ、という思いはむしろ逆効果となります。

ストレスを溜めない

 

適度な運動

適度な運動を意識して毎日をいきいきと。
散歩や軽いスポーツはむしろリスクマネジメントに効果的です。

無理な運動は厳禁ですが、軽い有酸素運動は体力作りとストレス解消にも繋がります。

カロリーを適度に消費出来るので体重管理にも役立ちます。学生時代に熱中していた運動を再び始めてみるのも良いでしょう。

適度な運動

 

葉酸・鉄分摂取

葉酸・鉄分摂取は積極的に進めたいことです
両方とも妊婦に欠かせない栄養素です。

不足すると体調不良や高齢出産のリスク拡大につながるため、意識して両方を含む食材を食べたいところ、緑黄色野菜や根菜に多く含まれています。

料理が出来る方は自炊を意識してみましょう。
新鮮なお魚や緑黄色野菜や根菜を取り入れたサラダやお刺身、お鍋などは栄養バランスが取れているうえに、見た目にも嬉しく美味しく毎晩頂けます。

食事での摂取が困難であればサプリメントを取り入れてみるのがオススメです。

葉酸・鉄分摂取