1. TOP
  2. 健康
  3. 貧血におすすめの成分・食事

貧血におすすめの成分・食事

貧血におすすめの成分・食事

貧血とは?

貧血とは、血液中にあり酸素を運ぶ役割を持つ赤血球が不足する状態をいいます。
血液の重要な役割は、肺で取り入れた酸素を筋肉や器官など全身に供給する事です。

この役割を担うのが血液中の赤血球の中に含まれるヘモグロビンです。
このヘモグロビンが肺の中で酸素分圧が高い時には赤血球に酸素を取り込み、筋肉や器官などの酸素分圧が低い所では酸素を赤血球から放出する役割を担います。

その為に、血液が酸素を運ぶ能力はヘモグロビンの量そのものになります。

以下に書いたような理由で貧血になると、血液中のヘモグロビン量が減少し、酸素を利用する事によって栄養素をエネルギーとして生命を維持している生物にとっては大変大きな問題であり命の危険性も出てきます。

貧血とは?

 

貧血の原因

貧血の原因には幾つかの要因があります。
体に疾患があり赤血球やヘモグロビンを作る事ができない状態になっている場合には貧血になる事があります。

赤血球やヘモグロビンを作る事出来ていても大量に体外へと流れ出てしまう場合にも起こります。
体の中で作られた赤血球やヘモグロビンが何らかの理由で破壊される様になった場合も該当します。

また、多量の点滴などで血液が極端に薄まってしまう場合にも貧血になる事があります。

貧血の原因

 

鉄分不足で起こる病気・症状とその特徴

貧血にオススメの成分・食事

貧血になった場合や貧血を予防する為に、食事で気をつけなければならない事について述べます。

基本的な事ですが食事は朝食昼食夕食をきちんととりましょう。
また、インスタント食品ばかり摂取するなど栄養が偏った食事をしないようにしましょう。
これを行なわないと他の事を行っても効果が上がりません。

また、食事の際には、毎食栄養のバランスを考えながら主食、主菜、副菜を組み合わせる事を心がけましょう。

主食としてはエネルギーとなる炭水化物を食べましょう。
主菜は、魚介や肉や卵や大豆製品などの良質のたんぱく質を多く含むものをとる事が大切です。

副菜として野菜類や海そうなどを摂取しビタミンやミネラルを体内に取り込むようにします。その他として、牛乳や果物などからその他の栄養をとる事も忘れないようにしましょう。

貧血にオススメの成分・食事

 

良質のたんぱく質

良質のたんぱく質をとる事が大切です。
魚介や肉類や卵、大豆製品や乳製品などは良質のたんぱく質を含む食品です。
赤血球やヘモグロビンを作る際の材料になります。

ただし、一度に多量に摂取しても体内に蓄積できませんので、毎食とるようにする事が大切です。

鉄分

鉄分を積極的にとりましょう。
鉄分はヘモグロビンの中にあり酸素の吸着脱着に大切な役割を持ちますので、積極的に摂取する必要があります。

気をつけないといけないのは、食べ物の中の鉄分は体内に吸収されやすいものとそうでないものがある事です。
ヘム鉄と呼ばれる肉類や魚介類に含まれる鉄分は吸収されやすく、乳製品や青菜に含まれる非ヘム鉄と呼ばれるものは吸収されにくいとされています。

また、動物性のたんぱく質やビタミンCを一緒にとる事で吸収率が良くなるといわれています。

ビタミンC

ビタミンCも重要です。
先程も出てきたビタミンCは、食品中の鉄を体で利用する為に必須のものですので、多く摂取する必要があります。

新鮮な野菜や果物などのビタミンCを多く含む食品を他の食品とあわせて摂取する事により、非ヘム鉄の吸収も高める事が可能になります。

ビタミンB12

ビタミンB12も必須です。
正常な赤血球を作り出すためにはビタミンB12が必要です。
牛や豚のレバー、魚介や貝類、卵黄やチーズなどに多く含まれているので積極的に摂取する事が大切です。

葉酸

葉酸も必要です。
ビタミンB12とともに正常な赤血球を作り出すために必要な栄養素です。
先程も述べた牛や豚のレバー、大豆や加工品の納豆、緑黄色野菜のほうれん草やブロッコリーに多く含まれています。