1. TOP
  2. スキンケア
  3. スキンケアの基本
  4. スキンケアの基本は3段階!「洗顔」・「補水」・「保湿」の3段階を丁寧に解説

スキンケアの基本は3段階!「洗顔」・「補水」・「保湿」の3段階を丁寧に解説

【顔のスキンケア】スキンケアの基本は3段階!「洗顔」・「補水」・「保湿」の3段階を丁寧に解説

スキンケアとは、簡単に言えば「肌をいたわること」ですが、実は大きく3段階に分けることができます。

スキンケアの基本!「洗顔」・「補水」・「保湿」

汚れを落とす「洗顔」と肌に水分を与える「補水」と肌の水分蒸発を防ぐ「保湿」の3段階です。

この3つはスキンケアの基本であり、簡単にできることですが「やっていればいい」というやり方ではもったいないことをしているかもしれません。

今回は、スキンケアの基本の3段階について、より具体的にわかりやすく解説します。

汚れを落とす「洗顔」と肌に水分を与える「補水」と肌の水分蒸発を防ぐ「保湿」の3段階です。

 

スキンケアの基本「洗顔」

洗顔は、顔の表面について汚れを洗い流すだけではありません。
顔の汚れは、さらっと叩けば落ちるような汚れだけではなく、皮脂とほこりが混ざった落ちにくい汚れが毛穴の中まで入り込んでいるのです。

 

洗いすぎない洗顔で汚れは落ちてる?

最近は「洗いすぎない洗顔」が注目され、とにかく優しくなでるように洗い流す洗顔方法を実践している人が増えています。

しかし洗顔は、汚れが落ちなくては意味がありません。
とくに毛穴に詰まった皮脂汚れは放置しておくとニキビや吹き出物の原因になってしまうことがあります。

洗いすぎない洗顔で汚れは落ちてる?

 

泡を上手に使うのがコツ

洗顔をするときには、優しすぎない程度でしっかりと洗顔をしましょう。
優しすぎないけれど肌に負担をかけない洗顔方法は「泡」を上手に使うことです。

顔の皮膚は体の皮膚と比べて薄く繊細です。
指の腹でゴシゴシこすってしまうと、必要な角質まではがれてきてしまいます。

泡をはさめて洗う

しばしば、洗顔が終わった後に指の腹で頬を強くこすり、角質を垢だと思ってこそげ落としている人がいます。

角質は垢とは違い、肌にとって必要なものなのです。

「落とせるものは徹底的に落とす」という洗顔方法は、強すぎます。
指の腹で肌をこすり洗うのではなく、指の腹と顔の皮膚の間に泡をはさめて洗うことがポイントなのです。

泡をはさめて洗う

 

小鼻は力を入れてもOK

ただ、泡だけで洗う方法だと小鼻の横はしっかりと汚れが落とせないかもしれません。

小鼻の横は皮脂が多く分泌される場所のため、指の腹を使ってマッサージ程度に力を入れてもいいでしょう。

 

スキンケアの基本「補水」

洗顔が終わったら、すぐに補水を始めましょう。

洗顔直後から肌表面からは水分が蒸発しています。
洗顔が終わった清潔な肌にたっぷりと化粧水で補水をします。

「スキンケアを入念にしている」と思っている人の中には、2段階目の補水をおろそかにして3段階目の保湿ばかり力を入れている人がいます。

2段階目の「補水」は実はスキンケアの要

 

補水こそスキンケアのかなめ

しかし、本当のスキンケアの要は補水なのです。

なぜならば「きれいな肌」といわれる肌は、水分量が多くなっています。
肌にだくさんの水分を与えれば、肌はふっくらときめ細かく仕上がり「きれいな肌」に見えてくるのです。

 

何度も化粧水を肌にあてる

補水のポイントは、とにかく何度も化粧水を肌にあてることです。

時間がない人は、たっぷりの化粧水を一気に顔に当ててペンペンたたいて化粧水を押し込もうとしますが、肌は一気に化粧水を吸い込むことができません。

手のひらに化粧水をとったら、顔にグッと押し当てます。
そして、しばらくして化粧水が肌に浸み込んだら、再び手のひらに化粧水をとって顔に押し当てるのです。

洗顔直後の肌は水分を肌に貯めているため、化粧水が浸み込みやすくなっています。

導入化粧水を使う

しかし、洗顔後時間が経過してしまった場合は、最初の化粧水が浸み込みにくくなっているかもしれません。

そんなときには、化粧水を使う前に導入化粧水を使ってみてもいいでしょう。
導入化粧水は、化粧水よりもさっぱりとした使い心地でお風呂上がりでも使いやすいものです。

手のひらに化粧水をとったら、顔にグッと押し当てます。

 

スキンケアの基本「保湿」

スキンケアの最後は保湿で終わります。
実は保湿を誤解している人はとてもたくさんいるのです。

乳液やクリームは染み込まない

保湿は、乳液やクリームを使って行いますが、乳液やクリーム自体が肌にうるおいを与える役割を担っていると思っている人が多いのです。

乳液やクリームは、化粧水とは違い油分が多いスキンケア化粧品です。
化粧水は水分がほとんどのため、肌につけると肌は水を飲むようにグングン吸い込んでいきます。

乳液やクリームは、肌に塗っても化粧水ほど肌の中にグングン吸い込まれては行きません。

それは、化粧水と乳液とは役割が違うからです。

乳液やクリームは染み込まない

 

油分で蓋をする

乳液やクリームは、油分で肌表面にふたをする役割なのです。

乳液やクリームは、化粧水によって補水された肌から水分が蒸発しないように油分の膜を作って蒸発を防ぐことが役割になります。

つまり、肌にうるおいを与えるために乳液やクリームをたっぷりと塗っている人は、ただ膜を厚く作っているだけで、肌に直接うるおいを与えていることとは違っているのです。

 

乳液やクリームあ薄く塗る

化粧水でしっかりと水分を与えたら、乳液やクリームは薄く塗ることがポイントです。

過剰に油分を与えてしまうと、ほこりや汚れがつきやすくなります。
乳液やクリームは「膜を作る」感覚で優しく塗りましょう。

乳液やクリームは「膜を作る」感覚で優しく塗りましょう。

 

スキンケアの基本:まとめ

スキンケアの基本は、3段階です。
ひとつひとつの意味をしておくことで、より効率的なスキンケアをすることができるのではないでしょうか。