1. TOP
  2. 涙袋を作る方法:涙袋は自分で作れる!理想の目元の作り方

涙袋を作る方法:涙袋は自分で作れる!理想の目元の作り方

【スキンケア】涙袋は自分で作れる!理想の目元の作り方

ぷっくりと膨らんだ涙袋はかわいらしさを演出し、目も大きく見えてより魅力的に見えますよね。

そんな涙袋ですが、実は毎日の努力次第で自分でも作ることができるんです。

今回は涙袋を作る方法についてまとめてみました。
 
 

涙袋を作ることで得られるメリット

涙袋は目の周りの眼輪筋と呼ばれる筋肉ですが、ホルモンタンク、フェロモンタンクなどと呼ばれるほど女性の表情を柔らかく見せてくれたり、セクシーさを増してくれる効果もあります。

何より涙袋ができることによって目元に立体感ができ、陰影が生まれるため、すっぴんでも目を大きくみせ、華やかな印象を作り、小顔効果も得ることができます。

目元のしわが気になる方は、涙袋があることで小じわはを隠して、より若々しい印象を作ることもできますね。

さらに涙袋があれば、それだけで顔の印象がはっきりするので、メイク時間が短縮されるというメリットもあります。
 
涙袋の作り方

 

涙袋の作り方

  1. ピースサイン法

    涙袋は眼輪筋と呼ばれる筋肉で、それを鍛えることで涙袋がない方も,ぷっくらとした涙袋を手に入れることができます。

    まずは、ピースサインを作って目頭と目尻を抑えます。

    このままの状態で瞳だけ上を向き、下まぶたを引き上げるように瞬きをしましょう。

    最後は下まぶたを引き上げて目を閉じ、40秒キープで終了です。

    10回を1セットとし、1日5セットを目安に行います。

  2. ウィンク

    ウィンクを繰り返すだけでも、涙袋を鍛えることができます。

    このとき、できるだけ下まぶたを動かすイメージで行うとさらに効果的です。

    空いた時間に行っていきましょう。

  3. 目を細める

    遠いものを見るように目を細めてそのままキープしましょう。

    下まぶたを上に引き上げるようにしてキープすると、下まぶたがプルプルして、鍛えられているのが実感できます。

  4. マッサージ

    ワセリンやアイクリームなどを使って、目の周りをほぐしながら涙袋の癖付けをしていきましょう。

    涙袋を作りたい部分をやさしくなぞっていくだけでOKです。

    ただし、ゴシゴシ擦ると色素沈着を起こしてしまうので注意しましょう。

涙袋を作る際のポイントと気を付けたいこと

 
 

涙袋を作る際のポイントと気を付けたいこと

涙袋を作る際のポイントは、まずきちんと自分に似合う涙袋を見極めていくことです。

涙袋は、大きければ大きいほどいいというわけではありません。

そのため、ヘアピンやプッシャーなどを使って笑顔を作り、自分に似合う涙袋をイメージしてみましょう。

また、涙袋を作るには毎日コツコツ続けていくことが大切です。

続けることで涙袋は作ることができますが、鍛えるのをやめてしまうと、また涙袋はなくなってしまいます。

だからといって無理やり目元をこすったり、強く負荷をかけ過ぎると、目元がくすんだりシワやたるみのできる原因になってしまうので無理はしないようにしましょう。
 
 

自然な涙袋のメイク方法

その日の気分で簡単にできる涙袋メイクは、やり方によってはとても自然な仕上がりで、ぱっと目元を華やかに仕上げることができます。

まずは、薄いアイライナーやアイブロウで涙袋の部分にラインを入れます。

それを綿棒などを使ってぼかして、涙袋の部分にハイライトやラメを乗せて完成です。

涙袋の部分にピンク系のシャドーを使えば、血色感がアップしてさらに女性らしく仕上がりますよ。

View this post on Instagram

私の涙袋を作ってくれているコスメ達を紹介します〜👁💕 二重メイクとかデカ目メイクとか上まぶたを盛るのも大事だけど、下まぶたも盛ると上まぶただけよりも1.5倍くらいデカ目効果ある気がします😌❣️ 頬の余白が多いとどうしてものっぺりして見えちゃうので、今では下まぶたメイクが必須です!! . ▼使用コスメ▼ 3枚目:1DAY TATTOOのTEARS SHADOW&LINER❤️ パウダーをささっと塗って、ライナーでぴーっと影を描くだけで、涙袋がぷっくり見えるから簡単だし、涙袋のパウダーと影を描くライナーが1本になってるのでお直し用のポーチに入れてもかさばらないので重宝してます😌 ライナーで上まぶたの二重のラインをなぞってくっきりさせることもできます👁💗 4枚目:ETUDE HOUSEのティアーアイライナーWH901✨ 細筆でめっちゃ塗りやすくて、ラメがちょうどよい大きさで、角度によっていろんな色に光る(気がする!)のがとっても可愛くてお気に入りです🤩 . 動画は前回の投稿を見てください💕 #アイメイク #涙袋メイク #涙袋 #下まぶたメイク #下まぶた #毎日メイク

❤︎め❤︎さん(@_17___me)がシェアした投稿 –


 
 

涙袋美容液も使って涙袋を維持していこう

涙袋は、もともとある方でも年齢とともになくなってしまうこともあります。

年齢とともに目の周りの筋力やハリが衰えてしまうと、涙袋もどんどんなくなり、目元の印象は老けて見えてしまったり、さらに悪化するとたるみやシワなどができてしまうこともあります。

しかし、目元の肌は非常に敏感なので、通常の化粧水に加え目元専用のアイテムを使って集中的にケアしていくことが大切です。

涙袋美容液には、コラーゲンやプラセンタなどのハリを取り戻すための成分やセラミドなどの保湿成分が含まれており、目元の肌を乾燥から守り、さまざまなダメージを防ぎます。

また、不足したハリや潤いを補充していくことで、理想の目元を取り戻して若々しさを維持していくこともできるのです。

涙袋美容液を使うときは、薬指を使ってまぶたに強い刺激を与えないようにやさしくマッサージしながら使っていきましょう。

同時に血行を促進して言うことで効果的に美容成分がまぶたに浸透し、効果を高めていくことができますよ。

中にはまつげの育毛にも効果があるものもあるので、ぜひ自分に合った美容液を選んでくださいね。

涙袋美容液も使って涙袋を維持