アシドフィルス菌サプリを飲んで健康な体になろう

アシドフィルス菌とは

健康を保つためには腸内の環境を整えることがとても重要です。

アシドフィルス菌は乳酸菌の一種で、人間の腸内には約100種類、約100兆個以上の細菌が棲みついており、善玉菌と悪玉菌が腸内で常に勢力争いをしています。


善玉菌の方が優勢な時には腸の調子はよく、悪玉菌の方が優勢になると便秘や下痢などの症状となって現れます。


アシドフィルス菌は腸内で乳酸を作り出すことで腸内を善玉菌が働きやすい環境に整える役割をします。

アシドフィルス菌とは
けれども食べ物からアシドフィルス菌を摂ろうとしても、熱や酸に弱いので、生きたままで腸に届く乳酸菌が生存する確率は約7割といわれています。


体調の良しあしと腸内細菌は深い関係があるので、腸内までアシドフィルス菌をきちんと届け、しっかりと働いてもらうためにはサプリを活用するのがおすすめです。


この菌は腸内で乳酸を作り出して腸内を酸性に保ち、環境を整える効果があります。

腸内の環境が整うことで健康な体を維持することができます。



アシドフィルス菌を含むサプリメント紹介

人気のアシドフィルス菌サプリはこちら



アシドフィルス菌の効果と効能は
アシドフィルス菌は乳酸菌の一つで人間の身体内に元々存在するもので、腸内の環境を良好に整える働きをする重要な菌として期待されています。


このアシドフィルス菌の最大の特徴は熱や酸に強いという点で、この性質は多くの乳酸菌やビフィズス菌の弱点とされており、摂取してからアシドフィルス菌サプリ身体内の胃液や胆汁によって大きな影響を受けていました。


しかしアシドフィルス菌においてはこの弱点をクリアしており生きたまま腸に届くことが可能です。


効能に至っては優れた殺菌作用があり、腸内の有害な菌、具体的にはピロリ菌に対して有効だとされています。

アシドフィルス菌
ピロリ菌は胃癌や十二指腸潰瘍の発症リスクを上げてしまうともされていますが、多くの人が体内に保持してしまっている菌だということも事実です。そのため積極的な除菌が勧められます。


そしてアシドフィルス菌はビオチンとラクターゼを生成する働きもあり、これはアトピー性皮膚炎や脱毛に対しての効果が期待されています。
摂取方法に関してですが食事からも摂取ができる菌ではありますが、一定の量を安定して取り入れるにはサプリによる摂取が簡単です。





アシドフィルス菌で腸内美人に

過去、腸内を健やかに保つ手段としては食物繊維を多く取り入れるというのが一般的でした。


だから、必死に野菜や果物、さらに白米を玄米に変えるなど食生活に気をつけているという人も少なくはありません。


実際、それによって肌が綺麗になった、あるいは若返って美人になったと喜んでいる人も大勢いる筈です。
しかし近年、食生活にはしっかり気を配っているにも拘わらず、それでも便秘が一向に解消されない、肌荒れが酷い、疲れが取れない(回復力が落ちた)という人が増えているんです。

腸内美人
そこで問題になるのは、腸内環境です。腸内にはさまざまな菌が生息し、善玉菌と悪玉菌と呼ばれる二種類の菌が常に存在していて、この悪玉菌が優性になると身体に様々なトラブルを引き起こす原因となってしまいます。


食物繊維には、悪玉菌を減らす作用も善玉菌を増やす作用もありません。それをするのは乳酸菌であり、現在特に効果が高いと見込まれているのがアシドフィルス菌という菌です。


この菌の凄い所は、サプリとして取り入れた場合、胃で消化される事が無くその殆どが生きたまま腸まで届くという点です。


日本国内ではヨーグルトでお馴染みのビフィズス菌ばかりが善玉菌ともて囃されて来ていましたが、近ごろは海外サプリが手軽に手に入れられるようになった影響からかアシドフィルス菌の知名度もじわじわと上がってきており、美容や健康に関心の高い人には善玉菌代表として広く認知されています




アトピー性皮膚炎克服の鍵はサプリメント

アトピー性皮膚炎克服の鍵は、サプリメントを有効活用することにあります。


医薬品のように、使用後に痒みや炎症が軽減していく実感が得られるような即効性はありません。


ただ、医薬品は、体にその変化を与える分だけ、負担をかけることになります。

アトピー性皮膚炎
それに対して、サプリメントは、徐々に体の中を改善させて、最終的に皮膚表面の状態を整えていきますので、一定の期間を必要とします。但し、副作用が少ないことで、体調を崩すことなく継続利用することが出来ます。


アトピー性皮膚炎を正していくサプリメントには、肌に潤いを呼び覚ますものと、皮膚の強化を図るものがあります。


その回復に至る経過の中には、一時的に症状を強める場合があります。


これは、これまでの体内の機能を本来の形に戻すにあたって生じる、好転反応ととらえることができます。


悪化ととらえて、利用をストップしてしまいますと、これまで積み上げてきたものが止まってしまうことになります。


種類にもよりますが、最低でも3ヶ月前後は継続使用することがポイントになります。